Tag Archives: Zさん

【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】


【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】

6名の超豪華声優陣によるサキュバス異世界音声作品.6人のJKサキュバスは別々の声優様に担当いただきました。可愛い声(顔)した6人のJKサキュバスがあなたを射精管理します。

発売記念キャンペーン

【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

その1: 30%割引(2/17〜3/13)
発売記念として、発売開始(2/27)から2週間(3/13)は30%割引です。

その2: サキュバス役の豪華声優様6名による寄書き色紙を抽選で1名にプレゼント.

応募期限:2021年3月12日

応募方法は、茶葉堂のTwitterアカウントの「【6人の
サキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を
搾り取られちゃう!】告知ツイートをリツイート。
DLSiteで購入後レビュー投稿➡️Ci-enから茶葉堂へ
メッセージを送信。

6名の超豪華声優陣による サキュバス異世界音声作品

6人のJKサキュバスは別々の声優様に担当いただきました。
可愛い声(顔)した6人のJKサキュバスがあなたを射精管理します。

シエラ
CV柚木つばめ様

リュカ
CV秋野かえで様

ルミ
CV橘きの様

アヤ
CV恋鈴桃歌様

クーラ
CV真白真雪様

ミーア
CV灰色アル様

音声ファイルフォーマット:WAVファイル(96KHz24bit)
SE無し音源同梱。

STORY

異世界に召喚された俺は、可愛い声(顔)したJKサキュバスに無慈悲に射精管理され、挙句ほかのサキュバスに逆NTRされ
て放置され、尻毛を燃やされる始末。禁忌のア◯ルプレイまで繰り出される中、俺は何度も逃げ出そうと思ったが可愛い声のJKサキュバスには抗えず。。。

人物紹介

  • 【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

    ミーア
    生意気後輩系サキュバス
    CV 灰色アル

  • 【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

    リュカ
    ツンデレサキュバス
    CV 秋野かえで

  • 【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

    ルミ
    甘えん坊な妹系
    サキュバス
    CV 橘きの

人物紹介

  • 【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

    アヤ
    ギャル系サキュバス
    CV 恋鈴桃歌

  • 【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

    クーラ
    無口系サキュバス
    CV 真白真雪

  • 【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】 [茶葉堂]

    シエラ
    おっとりお姉さん系
    サキュバス
    CV 柚木つばめ

【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】

  • 01-恐ろしき6人のサキュバス
    0:13:14
  • 02-耳舐めたらい回し
    0:24:29
  • 03-一斉耳舐め
    0:21:59
  • 04-ツンデレと不思議ちゃん(ソフト)
    0:10:44
  • 05-ギャル×後輩(ソフト)
    0:11:42
  • 06-お姉さんと妹(ソフト)
    0:15:30
  • 07-ツンデレと不思議ちゃん(ハード)
    0:15:06
  • 08-ギャル×後輩(ハード)
    0:10:50
  • 09-お姉さん×妹(ハード)
    0:13:20
  • 10-これまでの記憶
    0:23:19

シナリオ抜粋、他

◆01-恐ろしき6人のサキュバス

【シエラ】
「こんにちは。びっくりした?
私の名前はシエラ。あなたをこの世界に呼んだサキュバスのお姉さんよ。」
【シエラ】
「サキュバス、知ってるわよね? 人間の精液を搾り取るエッチな悪魔。
あなたのことは、ぜーんぶお見通し。エッチなことしたくてしかたなかったのよね?
私たちでオナニーしたくてアプリを起動した。下半身丸裸の無様な格好でアプリの中に入ってきちゃった……。
あら、恥ずかしがらなくていいのよぉ? お姉さんはサキュバスだから、粗末なちんぽには慣れてるもの。
本当に品のないちんぽね。ちょっと囁かれただけでガチガチに硬くなって、もしかして童貞なのかしら?」
【シエラ】
「いいのよぉ。お姉さん、童貞大好きだから……(耳に息を吹きかける)ほら、ビクってした。すっごく初々しいわねぇ。食べちゃいたい……
かーわいい お姉さんに舐められて感じちゃった? この程度で感じるなんて、ちょろい男……」
【ルミ】
「もーっ! お姉ちゃんまた抜け駆けしてる~!
(抱きつき)奴隷はみんなのものだよ! ひとりじめしないでよ!」
【シエラ】
「あーあ、見つかっちゃった……せっかくエサを呼び寄せたのに、独り占めできないなんて残念」
【ルミ】
「お姉ちゃん、いっつもそうなんだから! 私たちに黙って精液奴隷を召喚して! (飛び跳ねている演技で)ルミだって奴隷を虐めたい!」
【シエラ】
「(やれやれ)こらこら、そんなに大声だしたらびっくりするでしょう? この子、ビビリなんだから。
(主人公に)そうでしょう? 勃起ちんぽのマゾ男くん……?」
【ルミ】
「(嫉妬して)もぉっ! 奴隷はみんなのものでしょ!
お兄ちゃぁん、お姉ちゃんより妹の方が好きでしょ? そうだよね? お兄ちゃんはルミの奴隷だから、言うこと聞いてくれるよね?
奴隷はみんなルミのお人形さんなの。お兄ちゃんだってそうだよ? 可愛がってあげるからルミのところへおいでよ……」
(アヤ&ミーアが現れる)
【アヤ】
「あーあ、またルミががっついてる」
【ミーア】
「いつものことですよ、先輩。でも、ルミはすぐに奴隷を壊しますからね。最初に見つけたのがシエラ先輩で良かったです。使い物にならなくなったら意味がありませんから」
【シエラ】
「アヤとミーアの言う通り。ルミ、あなたはまだ力の加減ができないんだから、奴隷には優しくしなきゃだめよ? 生かさず殺さず、じわじわ精力を搾り取って、頭がおかしくなるくらい気持ち良くしてあげなきゃ……ね?」

◆2 耳舐めたらい回し

【シエラ】
「あら、言いつけを守って来てくれたのね。奴隷としての自覚ができてきたのかしら。
他の子たちも呼ぶわね。いい考えがあるの」
【ルミ】
「わあ! お兄ちゃん、また来てくれたんだね~」
【リュカ】
「(見下し)ま。言いつけは守れる駄犬ってことね」
【クーラ】
「従順な奴隷は好き。どこまで耐えられるか試してみたい」
【アヤ】
「まあまあ、みんな焦らないで。どうせコイツ逃げられないんだし」
【ミーア】
「(ため息)あなたのような変態を喜ばせるのは癪ですけど、仕方ないですね」
【シエラ】
「今日はみんなで奴隷くんのことをいじめてあげるわ。」
【シエラ】(
「こうやって、お耳を指先で弄って、(息を吹きかける)息を吹きかけて……こーんな風に、たーっぷり気持ちよくしてあげるね」
【ルミ】
「じゃあ、まずはルミとシエラお姉ちゃんから……)」
【シエラ】
「(ルミ耳舐めと並行)あら、ビクンとしちゃって可愛い
妹に耳舐めされて気持ちいいかしら? あなたって本当に変態ね。
そんなナンパ男には、お姉ちゃんの長い爪でお仕置き。
ほーら、右耳つねられて気持ちいいかしら? 気持ちいわよね? あなたはなにをされても感じちゃう変態なんだから。
あら? 可愛いちんぽが勃起してるわよ? 冗談のつもりだったのに、本当に感じたの? 左から妹に舐められて、右側からはお姉ちゃんに舐められて……
ますます勃起してるじゃない。本当にクソザコ。触ってもいないのにちんぽビンビンにするなんて……」
【ルミ】
「シエラお姉ちゃんばっかり見てないで、ルミのことも構ってよぉ。
お兄ちゃんはルミのお人形さんなんだから、言うこと聞けるよね?
お兄ちゃんは私のもの。他のサキュバスとエッチなことしてても、心はルミだけのものだよ。ずーっと一緒に居て? ルミのお部屋で一生暮らそうよ。他のお人形さんたちより可愛がってあげる。みんな干からびてミイラになっちゃったけど、お兄ちゃんは耐えてくれるよね?」

◆3 一斉耳舐め
【ルミ】
「 はぅっ、お兄ちゃんっ……! ルミのお人形さん……!
大好き、大好き……! お願い。もっと感じて? ルミにいっぱい精力ちょうだい!
お兄ちゃん、ルミのお部屋においでよぉ。ルミ、いっぱいお洋服持ってるんだよ? いっぱい着せて可愛がってあげる。お兄ちゃんのことは大切にしてあげるから、干からびそうになったら復活させてあげるし、ずーっと気持ちいいことしてあげるから……」
【シエラ】
「うふふ 妹の耳舐め、気持ちいいかしら? 今日はみんなであなたのお耳を虐める日よ。」
【シエラ】
「あら? なにを嬉しそうにしてるの? これは調教。あなたのちんぽは私たちの許可なしにイくことはできない。みんなの耳舐めに耐え抜いたら射精させてあげる。
もちろん、限度を超えて我慢し続けたら精神が崩壊するわ。我慢の訓練だから、ちゃんと耐えられるわよね?」
【アヤ】
「さて、奴隷くんはどこまで耐えられるかなぁ?
ギャルの舌は特別なんだよぉ? ちんぽビリビリになって悲鳴上げちゃうかも。」
【アヤ】
「あは もうちんぽガチガチじゃん 触っちゃダメだよ? 君の両手はほら、魔法の手錠で動かせないんだから。
イくのも触るのも禁止。勝手に腰を動かすのも禁止。モジモジしちゃダメだよ? 約束破ったら一生イかせてあげないからね?」
【ミーア】
「(ドン引きして)相変わらず変態ですね。先輩方の耳舐めでそんなに勃起するなんて……。
はぁ? 舐めてほしい? あなたは奴隷なんですよ? せめて土下座してお願いして欲しいですね。
まあ、魔法で拘束されて動けないでしょうけど。どうです? 全身石になったみたいでしょう? ちんぽだけはビクビク脈打って、可哀想なくらいカウパー流してますね。」

◆4 ツンデレと不思議ちゃん(ソフト)

【リュカ】
「あら駄犬。こんなところに居たのね」
【クーラ】
「お兄さん、またオナニーしに来たの?」
【リュカ】
「やめてあげなさいよクーラ。セックスする価値のない男って言ってるみたいじゃない。まあ、事実だけど。※ここまでハードと共通」
【リュカ】
「……なによその顔は。文句でもあるの?
なに? 『精液をあげますからセックスしてください』……? (罵倒)ばっかじゃないの? 誰があんたなんかと……」
【クーラ】
「私は悪くないと思う。お兄さん、精子の質はいいみたいだし。独り占めしていいなら私がセックスする」
【リュカ】
「ちょっ、待ちなさいよ! 駄犬の言いなりになるっていうの?」
【クーラ】
「言いなりとは違う。道具として使わせてもらうだけ」

◆5 ギャル×後輩(ソフト)

【アヤ】
「はろ~! 今日も来てくれたんだね! 君に会えて超嬉しいよ~!」
【ミーア】
「私は嬉しくありませんけどね」
【アヤ】
「ミーアはひねくれものだなぁ。ま、奴隷くんはそういうのの方が好きみたいだけど」
【ミーア】
「また勃起してるんですか? いい加減にしてくださいよ。何度気持ち悪いって言ったらわかるんですか?」
【アヤ】
「それ、逆効果だよ? ね? 脳みそ精液の奴隷くん
今日は私たちとイイコトしようよ? じゃーん! 王様ゲーム!
ほらほら、くじ持って? 王様だーれだ? ※ここまでハードと共通
やったね! 君が王様だ! 私たちに何でも好きなことをお願いできるよ!
え? 『童貞を卒業したい』……? やだぁ! マジでまだ童貞なの? ウケるー!」
【ミーア】
「私はごめんですからね。こんな汚いちんぽ、見るだけで目が腐りそうです」
【アヤ】
「私はいいよ? この子のちんぽ、とってもおいしそうだし」
【ミーア】
「先輩は相変わらずビッチですね……サキュバスとしては優秀ですけど、こんなクズにまで優しくする必要ないでしょうに」
【アヤ】
「女は子宮で考えるって言うでしょ? 細かいこと気にしないの。」
【アヤ】
「ほら、奴隷君のちんぽ握っちゃうね?
ビクッとしてかわいい。手コキしたらイっちゃいそうじゃん。
ん? この長い爪がいいの? 話がわかる~! 前に話した奴隷の爪で作った付け爪。君も死んだらこうなるんだよ? 私の一部になるなんて、興奮しない?」
【ミーア】
「先輩のそのフレーズで勃起する奴隷は初めてです。頭のネジがぶっ飛んでますね」
【アヤ】
「今さらだよ。コイツ、私にピアス開けてもらいたくて髪の毛切ってきたんだもん」
【ミーア】
「うわ。童貞丸出しじゃないですか。気持ち悪……」
【アヤ】
「私は嬉しいよ? 今度いっぱい穴開けてあげるね。」
【アヤ】
「それじゃ、今日は特別にフェラチオしてあげよっかなぁ。私の舌、こーんなに長いんだ。
この長い舌で、ちんぽを下から舐め上げて……ふふっ、仰け反っちゃってかわいい
はぁ……さすがは精力の源ね。子宮がきゅんってする……」

◆6 お姉さんと妹(ソフト)

【シエラ】
「こんにちは、奴隷くん。今日もシコりたくてたまらない顔ね。
お姉さんが特別にサービスしてあげましょうか? そこに隠れているルミと一緒に」
【ルミ】
「ちぇっ、バレちゃった……」
【シエラ】
「独り占めなんかしないで分け合えばいいのよ。この奴隷はみんなのものなんだから。
ね、奴隷くん。お姉さんと妹、二人に責められてみたいと思わない?
ほら、ちんぽが反応した。ルミもこっちに来なさい。一緒にお人形さん遊びをしましょう?」
【ルミ】
「それ、面白そう!
お兄ちゃんはルミたちのお人形さんだよ。仰向けになって。指一本動かしちゃ駄目。命令以外の動き、もちろん射精も駄目。わかった?」
【シエラ】(
「奴隷くんがどこまで耐えられるか見てみましょうか。パイズリ。お姉さんがおっぱいで包んであげるわ。んっ、しょっ……元気なちんぽねぇ。硬くて熱くて、お姉さんのおっぱいを押しのけちゃう……」
【ルミ】
「鼻息が荒くなってるよ? すぐに興奮しちゃうんだね。駄目なお人形さん……。(顔に跨がり)ほら、ルミのおまんこ、お兄ちゃんの顔の上でくぱぁって開いてるよ? 舐めてくれる?」
【ルミ】
「はぁ、気持ちいい……苦しそうにルミのおまんこ舐めてる……上手なお人形さん……」
【シエラ】
「ちんぽも舐めちゃうわね。んっ、ちゅっ……おいしい……奴隷くんの勃起ちんぽ、先っちょから濃い汁があふれてる……このまま精力吸出しちゃいたいわ……
んっ……んふふ こんなにビクビクさせて、お姉さんの舌がそんなに気持ちいいかしら? 出しちゃ駄目よ? あなたはお人形さんなんだから、じっと我慢して?
ちゅぱっ……奴隷の射精管理、とってもいいわぁ。苦しくなるくらい我慢して? 最後に思いっきり出させてあげる」
【ルミ】
「お人形さん、休まず舌を動かして? あんっ、お人形さんの舌、すっごく気持ちいいよぉ……切りとってルミだけのものにしたい。お兄ちゃん好きっ、好きっ……!」
【シエラ】
「クンニしながら勃起するエッチなお人形さんには、もーっと厳しいお仕置き
お姉さんの乳圧でちんぽを押し潰しながら、乳首でコリコリ ぶっ飛んじゃうほど気持ちいいわねぇ? もっと感じていいのよ? 射精できない苦しみをたっぷり味わうの」
【ルミ】
「ああっ、もうだめっ、おしっこでちゃう! おしっこでちゃう!」

制作
イラスト 桐谷
シナリオ SAZAE
音声編集 Zさん
企画・編集 茶葉堂

 


【6人のサキュバスにイかされまくり!異世界でたっぷり精子を搾り取られちゃう!】