Tag Archives: 眞人

笑う道化には毒がある


笑う道化には毒がある

いのしかちょう館 第16弾目!今作はピエロの女の子に徹底的にオナラ責めされちゃうお話しです! CVはまさきふぁん様、CGは眞人様にお願いしました!

いのしかちょう館 第16作目! 今度はピエロの女の子に責められちゃう!

こんにちは!サークルいのしかちょう館のうりぼうです!

この度サークルいのしかちょう館から16作目、「笑う道化には毒がある」を発売する運びとなりました!

ピエロの女の子が○供ちゃんにオナラ責めするお話しです!

オナラフェチ、お尻フェチ、金髪好きの方も楽しめる作品となっております!

さらに今回はlive2dを用いた特殊な演出もご用意しており、今までのスライドショー形式よりも楽しんでいただけるかと思います!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

目が覚めると目の前にいたのは明るく笑うピエロの彼女

どうやら一緒に遊んで欲しいようです・・・

しかし、彼女の本性は○供をさらっては自分のオナラを嗅がせる天性のサディストだったのです・・!

彼女のオナラ責めにはなす術もなく・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ファイルの中身は

本編作品(計29分)

シーンイラスト(メインイラスト2枚)

台本txtファイル(6969文字)

おまけ(live2d 動画)

となっております!

<原案、台本>
うりぼう(Twitter @uribow_desu)

<CV>
まさきふぁん様(http://phan.itigo.jp/yuuki_000/ )

<イラスト>
眞人様(Twitter@mahit0)

<素材提供>
じゃっく様(https://ci-en.dlsite.com/creator/233 )

Xiaoel様(Twitter @XiaoelEffects)

となっております!

 


笑う道化には毒がある

心の中で死ぬほどバカにされながらあま〜い言葉で籠絡ぴゅっぴゅしちゃいましょ


心の中で死ぬほどバカにされながらあま〜い言葉で籠絡ぴゅっぴゅしちゃいましょ

!当サークル初の試み【心の声】機能!
籠絡されるシチュエーションはいいけれど、それはともすればただの甘々音声になってしまうのでは…?
そんな思いから、今作では表でありったけの愛を囁きながら、裏でどのようなことを思っているのかを
聞き取れるようにいたしました。
心の声部分はエコー加工を施しているため表の声との区別も付くようになっており、混同することもありません。
また、心の声を抜いた「リアル籠絡ver」も収録しておりますので、実際の勇者の気持ちになりきった視聴も可能となっております。
甘い言葉と嘲りたっぷりの悪辣な言葉、その二つを聴きながら真の籠絡を堪能いたしましょう。

=========================================================================

魔族達との戦争が続く世界で、歴代最強の勇者として生を受けたあなた。
魔王をも圧倒するその力を恐れた魔族達は、勇者を無力化するべく、ある作戦を立てます。
その作戦こそが、魔族の中でも際だった美貌を持つ幹部による勇者の籠絡。
勇者の抱える小さな不満や承認欲に巧みに入り込み、甘美な言葉を囁き、
そして味方への猜疑を抱かせるその話術と、男なら誰でも虜になってしまうような
艶めかしい肉体を使った籠絡に、勇者は着実に、その心を奪われていくのでした…。

=========================================================================

———-1.初めまして。勇者様———-

いよいよ魔王討伐の旅を明日に控えた勇者。
決意を新たにしつつ眠りについているところへ、魔族の幹部を名乗る美しい女性が現れ声をかけてきました。
慌てて臨戦態勢を取ろうとする勇者に、彼女は戦闘ではなく助けを求めてやってきたと言います。
彼女の口から今の戦争の真実や、魔王討伐後の勇者の処遇など、にわかに信じがたい言葉を聞かされ戸惑う勇者。
魔王を討伐すれば用なしになった勇者は殺されるという話に、そんなはずが
ないと思いつつ心の中に小さな小さな疑惑を植え付けられてしまいます。
この小さな猜疑心が、これから少しずつ、少しずつ、彼女によって育てられていくのです…。

実は私、今回魔王様の使いとして、あなたの元へ助けを求めに参ったのです。
はい、そうです。私達はあなたに、助けて、欲しいのです。

この戦いの発端は人間たちが自分たちの住む領域を拡大する為の侵略戦争でした。
当時は私たちが一方的に攻め滅ぼされていき、あわや滅亡かという瀬戸際で今の魔王様が立ち上がり、
現在の拮抗状態を構築するに至りました。
なので、私たちにとっては、魔王様こそが勇者のような存在、ということになりますね。
(心の声:笑って一蹴されるかと思いましたが、凄い真剣に聞いちゃってまぁ。
懐が深いといえば聞こえはいいですが、これはただ単純なだけですね。
とはいえ、この場で信じ込ませるのはさすがに無理がありますか。あまり押し込まず、ここらで引いておきましょう。)

———-2.裏切りの手紙。慰め授乳手コキ———-

野営中、夜の番をしている勇者の元へ再び彼女が現れ、
何事かと思う勇者に対し「支援物資の木箱の中を見て欲しい」と告げます。
はたして木箱の中には見知らぬ手紙が入っており、その手紙には、魔王討伐後の勇者の謀殺、といった
内容が記されていました。
ショックに前後不覚となり崩れ落ちてしまう勇者。
そんな彼を優しく支え、胸を貸し、慰める彼女。
女体に触れることに慣れていない勇者はそんな状況で勃起させてしまい、そのまま
彼女から慰められつつ、授乳手コキによる甘々射精をさせてもらうのでした。
手紙を仕込んだのが目の前の彼女自身だということ、そして己の精液が隷属魔術に使われることなど夢にも思わないまま…。

残念ですが。やはりあなたは魔王様を討ち滅ぼした後、その強すぎる力を恐れられ、
共に戦った仲間達の手によって殺されてしまう…すでにそのような筋書きができてしまっているようです。
(心の声:まぁ、この手紙を書いたのも、箱の中に入れたのも、隠蔽魔術をかけたのも、
ぜーんぶ私の仕込みですけどね。いやはや、面白いようにひっかかってくれちゃって、
笑いを堪えるのが大変です。とりあえず今は可哀想〜な勇者様に同情してあげないとですね。)

さきほどから勇者様の、その、大きくなった男性の部分が私に当たっているのですが、これは、ここも慰めて欲しい、
ということなのでしょうか。
(心の声:しかし女に抱きしめられて即勃起させるとは、いくら童貞とはいえ、若いですねえ。
ここで精液を手に入れられれば、それを使った隷属魔法も早い段階でかけられるというもの。やってみますか。)

———-3.裏切りの攻撃。注意喚起———

仲間達と別行動をとっていた勇者の元へ、人間に変装した彼女が現れました。
そして聞かされたのは、「勇者が自分達に疑いの目を持っていないか確かめるため、
次の戦闘で後ろから攻撃する」というあまりな内容。
もしもその攻撃を避けてしまえば、疑いの目を持っていると確信されてしまうため、
絶対に当たらなければならないと強く説得する彼女に、覚悟を決める勇者。
しかし、当然それも、全てが彼女の仕込み。
そんな事とはつゆ知らず、内心ほくそ笑む彼女のことを、勇者はどんどんと強く、深く、信頼していくのでした。

勇者様。例えどれだけの人間が勇者様を手ひどく扱おうとも、私だけは味方です。
どうかそれだけはお忘れにならないでください。
(心の声:と、言うまでもなく、もう目の中にハートマークできちゃってますもんねえ。
完全に私に惚れてますねこれ。あの中途半端な隷属魔法がここまで効くなんて。
これなら、ちょっとぐらい無理のある内容でも信じたり言うこと聞いちゃったりするかもですね。
次あたりで試してみましょうか)

んっふふふふ。仲間に攻撃される、なんて、我ながら無理のある話だと思っていましたが、
あの様子だと完全に信じ切っているようですね。
後は次の戦闘で勇者の仲間が撃った魔法を私が勇者に当たるよう向きを変えてやれば、
勇者は仲間が自分にわざと撃ったと思い込むでしょう。
少し考えればありえないことだと気づきそうなものですが、今の疑心暗鬼の塊で、
そして私だけが唯一の味方だと信じて疑わない勇者なら、きっと私の思った通りに動いてくれるでしょうね。

———-4.最終段階。傀儡の勇者———

かけがえのない仲間達に後ろから攻撃された勇者は、慰めて欲しい一身で彼女を呼び出します。
くだらない理由で呼ばれたことに内心悪態をつく彼女ですが、
優しく抱擁し心を蕩かすような言葉をかけながら、ある提案をします。
それは、自国へ武装解除の指示をしろ、というもの。そうすればスムーズに和議が成立するのだと。
もし提案を受け入れてくれるなら、今もいきり立っているその肉棒を己の股ぐらで慰めようとも言われます。
一応の判断は勇者に委ねらましたが、もはや彼女の言うがままに動く傀儡そのものと化している勇者が選ぶ答えは…。

まぁ、まぁまぁ、ボロボロじゃないですか。
これは、先ほどの戦闘でお仲間に撃たれた魔法でございますね。
あぁ、ですが、幸い勇者様のお身体自体はそこまで傷ついていない様子。
え?私の防御魔法のおかげですか?
い、いえいえ、そんなことは。あんなのはほんの薄板1枚のような心許ない魔法です。
そのようにご無事で済んだのは、きっと勇者様自身の日々の鍛錬が報われただけでしょう。
(ちっ、これは単に慰めて欲しくて呼んだだけですね。私に溺れるのはいいですが、
こんなくだらないことで一々呼び出さないで欲しいものです。まぁいいでしょう。
丁度こいつにあの指示を与えようと思っていたところですし、好都合と言えば好都合です。
仲間に攻撃されたと思い込んで打ちひしがれている今ならすんなり言うことを聞くはず。よーし。)

んぅ、あぁ、勇者様、そんなに勢いよく抱きつかれて。
こんなになるまで打ちのめされて…。勇者様は皆の為、世界の為にと、人生の全てを投げうって戦ってきたというのに。
それをここまで追い詰めるなんて、あなた以外の人間とはなんと愚かで醜い存在なのでしょうか。
よしよし。私のような魔族でよければ、いくらでも甘えてください。
(うわぁ、私の胸の間にぐいぐい顔突っ込んでくるの、これわざとですよね。
あぁやだやだ。下心丸出し。これだから童貞相手は嫌なんですよねえ。)

———-5.禁断の性交。完全隷属化———

彼女の提案を受け入れ、まんまと武装解除をさせてしまった勇者。
それに満足した彼女は、約束通りに性行為を始めます。
初めての体験に浮わつき、興奮し、無我夢中に腰を振る勇者でしたが、
そんな彼の姿に遂に耐えきれなくなり、彼女は今までの演技を捨てて大きな嘲りを含んだ笑い声をあげてしまいます。
キョトンとする勇者に対し始まる全てのネタばらし。
今までの嘘、演技、嘲り、嗤い、貶し。それらを暴露され頭の中が真っ白になってしまう勇者ですが、
既に以前射精した精液で簡易的な隷属魔術をかけられてしまっている彼に彼女をはねのけることなどできず、
彼女に『お願い』されるがままに性行為に集中し、彼女を愛してしまいます。
そして、遂には彼女の中へと最高の快楽と共に精を放ち、完全なる隷属魔術を施されてしまうのでした。

あぁ、あはは、ごめ、んっふふ、ごめんなさい。
さすがに私ももう我慢の限界で、柄にもなく大笑いしてしまいました。
だって勇者様ったら、自分が騙されてるだなんて全く気づかずにここまで来てしまって、
そうしてもう取り返しの付かない状況になって、そんな中で幸せだなんて言うモノですから。
もう、おかしくておかしくて。
ん?どうしました?なんですその顔。あはは、ですからぁ、騙されてたんですよ、お前。

勇者様ぁ、お願いですからぁ、そのまま私に犯されまくっててくだぁい。
んっふふふふ、あっはははは。
どうしましたぁ?顔真っ赤にして怒ってるのに、全然体動かないんですかぁ?
それどころか、私に犯されやすいように腰つき出しちゃってますよねえ。
そうしてくれると、お前の矮小な肉棒でもさっきよりかは奥に入ってきて、
ギリギリ何か入ってるって分かる程度には感じれるようになりましたよ。
あ、お前の肉棒は小さすぎて全然気持ち良くも何ともなかったんで、さっきまでのは全部演技ですから。
こんなもので私を悦ばせてたとか勘違いされると虫唾が走るんでやめて下さいね。

———-6.終わりの始まり———

魔王討伐の旅の途中、勇者一行が遂に彼女の根城へと到着します。
余裕満々でそれを迎える彼女。それもそのはず、既に忠実なる従僕となった最強の手駒が
あの一行の中にいるからです。
彼女の合図と共に剣を抜き味方だった者達に刃を向ける勇者。
それに合わせて援護をする彼女によって、一行は呆気なく全滅してしまいます。
人類と魔族の戦力の拮抗はここに完全に崩れ、待っているのは魔族の支配する世の中。
これから勇者は、魔族の尖兵として人の世の終わりを導く、恐怖の存在となるのです…。

収録時間:1時間47分

==============================================================

CV:口谷亜夜 様
http://kimirinko.x.fc2.com/

イラスト:眞人 様
https://www.pixiv.net/users/225211

台本:狐屋本舗
https://minaduki6.wixsite.com/mysite
https://twitter.com/kituneyahonpo64

 

心の中で死ぬほどバカにされながらあま〜い言葉で籠絡ぴゅっぴゅしちゃいましょ

ふたなり社会で性処理用肉穴の価値しかなくなった男たち 〜壁尻公衆便器から高級男娼まで〜


ふたなり社会で性処理用肉穴の価値しかなくなった男たち 〜壁尻公衆便器から高級男娼まで〜
女性全員がふたなりとなり、男性という性別がほとんど無価値になってしまった世界。 そんな男たちに唯一残された役目。それがふたなりたちの性処理用肉穴だったのです…。

=========================================================================
女性が全員ふたなりとなり、ふたなり同士で子供をつくり、ふたなりの子供が生まれるようになった
この世界。
当然ふたなり女性はみるみる増え、社会運営は完全にふたなり女性たちが握るようになりました。
反対に、どんどん数が減り絶滅危惧種とまで言われるようになったのが男たちです。
社会的地位も生物的地位も失いもはや人権すら禄に保証されなくなっていき、
そうして遂に「男はふたなり女性たちの為の性処理用肉穴」としての存在価値しかなく、
全ての男性はその為に生きるべしと定められてしまいました。
そう、ふたなり女性の性欲を手軽に解消する生きたオナホール、それがこの世界での「男」なのです。
そんな男にとって過酷極まる世界となってから長い年月が経ち、
それが当たり前の常識になった社会の中で、
取るに足らない有象有象の存在である公衆便器として設置されている男性。
そして女性のような顔つきの男の娘と呼ばれるルックスを生かし男娼として生きる男性。
立場の違う二人の男性は、果たしてこの世界でそれぞれどのように生きているのでしょうか…。
=========================================================================
○サークル初、ふたなり作品
○逆アナル特化型。ひたすらアナルをふたなり様のおちんちんで蹂躙されます!
○おちんちんへの奉仕という男だからこそ味わえる背徳感!
トラック
———-1.壁尻公衆便器 〜インスタントオナホール〜———-
仕事に疲れクタクタになりながら帰路につくふたなり女性。
気分転換にと普段とは違う帰り道を進んでいたところ、道中自分の知らない公衆便器が設置されているのを見つけました。
それは壁からお尻だけを露出させた男性たち。
そう、この世界での公衆便器とは、ふたなり様の性処理の為に設置された、
一山いくらの男たちを使ったジャンクオナホールのことなのです。
その中には最近設置されたばかりの年若いあなたの姿もありました。
一番締まりが良いからと、幸運にもあなたのお尻が指名され、
そして到底セックスなどとは呼べない、一方的にふたなり様が気持ちよくなるだけの、
あなたという道具を使ったオナニーが始まります。
壁に設置されたあなたはただひたすらに穴を締め続けそれを受け入れるしかできません。
ふたなり様の性欲をお手軽に処理する為だけの穴、それが公衆便器としてのあなたの全存在意義なのですから…。
「ふふ。最後は少しだけ緩んじゃったみたいだけど、まぁ及第点かなぁ。
いいわ、今日はアンタを使ってあげる。感謝しなさい。
あはは。なぁにお尻振って。それ、喜んでるわけ?
お尻だけ壁から出して、お尻だけで感情表現して、ホント、私たちと同じ人間とは思えない無様さね。」
「まぁ、あんた達男共は、もう射精なんて立派なもんじゃないから、どっちかっていうと、
射精もどき、だけどねぇ。
だって、精子も入ってない、量も少ない、ろくに飛ばすこともできない、
そんなよくわからない汁を垂れ流す行為を、私たちの射精と、一緒になんてされたくないもの。」
———-2.一番人気の高級男娼 〜ハイエンドオナホール〜———-
先日使った公衆便器の具合があまりにも良すぎた為、その快楽が忘れられなくなってしまった彼女。
そこで彼女は「男娼」であるあなたを使うことにしました。
男娼とは、この世界において公衆便器とはまた違う男のありかたで、
産まれながらに女性的な容姿を持った、男の娘とも呼ばれる男性です。
彼らはその容姿を生かし、己の体を「売る」ことで公衆便器としての設置を免除されています。
最底辺にまで堕ちた男という生き物の、その中での最上位に位置する存在と言えるでしょう。
今となっては数も少なくなり、当然公衆便器よりも高級な位置づけとなりますので、
使うためにはそれなり以上のお金が必要となります。
彼女が声をかけたのはそんな男娼の中でも街一番の人気を誇るというあなた。
あなたは彼女の期待に応えるべく、二人でホテルへと向かうのでした。
「うーわ、近くで見たら本当に女みたいな顔してんのね。
これ、言われなきゃ男って気づかないわよ。
へぇー。男娼って初めてこんなにマジマジと見たけど、思った以上に綺麗な顔じゃない。
男のムスメって書いて男の娘とも言うんだっけ?
確かにそう呼ばれるのも納得ねぇ。」
———-3.ふたなり様へのフェラチオ奉仕———
ホテルへ到着し、シャワーも済ませ、いよいよふたなり様への奉仕開始です。
あなたを押し倒し、キスをし、征服感を味わう彼女。
せっかく買った男娼なのだから公衆便器ではできないことをさせたいと、
まずは、口を使ったペニスへの奉仕を求めます。
男娼としての持てる技術を使ったフェラチオをするあなたですが、
意地悪な彼女はされっぱなしは面白くないと、あなたの喉奥深くへ自身のペニスを
深く突き刺し、その技術を封じようとしてきます。
果たしてあなたは、彼女に満足してもらえる奉仕ができるでしょうか…。
「女の子となら今まで何人かとしたことはあるけど。
こうしてベッドの上で男を相手にってのは初めてなのよね。
でも、女相手でも男相手でも、こうやって上になって組み伏せると、
やっぱり征服感があってたまらないわね。」
「ふふ、この後のこと考えてたら、アンタの下手くそなキスでも、少し大きくしちゃったみたい。
ふふ。こうして前もって大きくしてあげてるんだから、感謝しながら咥えると良いわ。
そうね、私はこのベッドに腰掛けて股開いててあげるから、
あんたはベッドの下に降りて、私の前に跪いてその口でおちんちん気持ちよくしなさい。」
「あらぁ、随分苦しそうじゃない。
ごめんねぇ。私のおちんちん、ふつうの子よりもちょっと大きいから、苦しいでしょう?
おっと、何頭引こうとしてるのかしら。
ダメよ。いくら男娼といえど、アンタはあくまで便器なんだから。
便器は便器らしく突っ込まれてないと。」
———-4.本番開始———
いよいよあなたのアナルを使った本格的な性処理が始まります
彼女に満足して貰おうと必死に奉仕をしようとするあなたでしたが、
それよりも彼女はあなたの「オス」の姿を引き出したいと、強烈な責めを開始します。
男娼としてあくまで女性的であろうとするあなたでしたが、
彼女の熾烈な責めに遂に一人の男として野太い喘ぎ越えをあげてしまいます。
それを見た彼女は楽しそうに勝ち誇りながらも一切緩むこと無く責め続け、
あなたは高級男娼から、一人の肉穴へと堕とされていくのでした。
「ん?あら、何よ、アンタ、勃起させてるじゃない。
へぇー、今ので興奮しちゃったってわけ?
ふふふ、それにしても、男っていうのはどいつもこいつも、
私たちに比べてどうしてこう貧相なチンポなのかしらね。
勃起させたところで完全に固くなることもないし、射精したって、出てくるのは精子のない透明な汁。
生き物として、もう終わっちゃってるわよね。」
「いいのよ?私の前では、本当の姿になって。
今までアンタを使ってきた客は、どうせ、女を抱く代わりに、アンタを買ったんでしょう?
だから、ひたすら女みたいな仕草と、女みたいな喘ぎ声出して、喜ばせてたんでしょうけど、
私はそんなのいらないの。
男娼として取り繕ってるアンタのそのメッキを全部剥がして、一人の男、
一つの便器としての姿に還して、そうして必死に可愛く作り上げたアンタのメス顔がどう歪むか、
見たくて見たくてたまらないの。」
「アンタ今どんな喘ぎ声だしたか、自分で聞いてた?
アンタったら、「おごぉ!」って、豚の鳴き声みたいな喘ぎ方してたわよ。
さっきまでの子猫みたいな喘ぎ声と随分違うじゃない。
ほら、ちんぽ限界まで引いて、叩き込むの、今度はもっと早く、何度も何度もやってあげるから、
そのまま豚に堕ちなさい。ほら!ほぉら!ほら!」
———-5.ふたなり様に買い取られて———
ふたなり様に買い取られ、彼女の家で暮らすようになったあなた。
彼女専用の肉穴となったあなたのこれからの生活。
収録時間:約1時間46分
==============================================================
CV:結姫うさぎ 様
https://snowrabbbbbbit.jimdo.com/
イラスト:眞人 様
http://www3.kcn.ne.jp/~mahito/
台本:狐屋本舗
https://minaduki6.wixsite.com/mysite
https://twitter.com/kituneyahonpo64
 
ふたなり社会で性処理用肉穴の価値しかなくなった男たち 〜壁尻公衆便器から高級男娼まで〜
ふたなり社会で性処理用肉穴の価値しかなくなった男たち 〜壁尻公衆便器から高級男娼まで〜

時間を止めて逆レイプ 〜今からお兄さんは私のダッチワイフです〜

時間を止めて逆レイプ 〜今からお兄さんは私のダッチワイフです〜 時を止める力を持った女性に目を付けられたあなたは、彼女の性処理用ダッチワイフとして弄ばれてしまいます。時間を止められたあなたには為す術も無く… ========================================================================= ある日突如としてあなたの部屋に現れた謎の女性。 彼女は自分を「時間を止める力を持つ者」と自称します。訝しんでいたあなたでしたが、次々に身に起こる現象に その力を信用せざるを得なくなっていきます。。 彼女の目的は一つ。気に入った男性を性欲処理に使うこと。 つまりあたなは、彼女の「ダッチワイフ」として選ばれたのです。 しかし、運悪くあなたの妹も餌食にされてしまい、彼女は単なる性欲処理だけでは無く、 あなたと妹の二人を使った恥辱まみれの人形遊びを始めるのでした。 ========================================================================== トラック ———-1.初めましてお兄さん。私、時間を止められるんです———- 部屋にいきなり現れた謎の女性。 驚くあなたをよそに、自らを「時間を止めることが出来る」と言い放つ彼女。 そんな彼女の正気を疑うなあなたに力を証明する為、彼女はあなたの妹をも巻き込み 時間を止めてみせます。 あなたと妹を使った、人形遊びの始まりです。 「私ですかー?えーと、もう色んな人に何度も説明してきたのでいい加減面倒なんですが、 んー、まぁ単刀直入に言いますと、私は時間を止める力を持つ者でして、 今回お兄さんを私の性欲処理に使わせて頂きたく伺いました。」 「ふふふ。おち○ちん隠してあわあわして、いいリアクションです。 突然身にまとっているものが消えるって、どんな感じです? ああ、言っておくけど手品なんかじゃないですからね。 タネも仕掛けもない、正真正銘の時間停止です。 これで私の言ってること、信じれくれましたよね?」 ———-2.妹さんのお口に、出させてあげます———- 時間を止められ彼女の思うがままに遊ばれるあなた。 妹を使ってあなたを勃起させると言い出す彼女にくってかかるも、時間を止められ無抵抗な所に 手痛い金的を食らわされて沈黙してしまいます。 気をよくした彼女は楽しげに妹をフェラチオ人形に使った兄妹フェラを始めるのでした。 時間を止められているあなたは、なされるがままに実の妹の口の中へ射精させられてしまうのです。 「やれやれ、時間を止められるっていうのはさっきので実証してあげたはずなのに、 この人思ったよりも頭悪い人なんですかねえ。 ま、とりあえず罰として、お兄さんの大事なとこ、思い切り蹴り上げさせてもらいますか。」 「このまま妹さんの頭を前に突き出していけば、はい、見事お兄さんのおち○ちんが、 妹さんの可愛いお口の中へ、ヌルヌルーっと飲み込まれていきましたー。 おち○ちんの時間は止めてませんから、このままじゅぽじゅぽと兄妹ラブラブフェラを してくれれば、私専用勃起おち○ちんの完成というわけです。 では、ここで一度時間を動かして反応を見てみましょう。」 「そのまま妹の口ま○この中に思いきり射精するといいです。 いきますよー、そーら、ごりごりーっと! 出せ出せ、妹の喉奥めがけて、近親相姦口内射精、しっちゃえー!それー!」 ———-3.ダッチワイフになりましょう——— いよいよ彼女にダッチワイフとして性処理道具にされるあなた。 しかし妹の口内に射精したばかりですぐに勃たせられるわけもなく、 そこで彼女は、妹の指をあなたのお尻の穴に突っ込んで勃起させると言い出します。 彼女のおぞましい提案に震えるも、止められた時の中でできる抵抗は皆無です。 あなたは彼女の為すがままに妹の指を受け入れるしかありませんでした。 そうして勃起した後には、彼女の肉ディルドとしての役目が待ち構えているのです。 「よっし、それじゃ、この死ぬほど嫌そうな顔してるお兄さんに、パパッと妹さんでお尻の穴、 ほじっちゃいましょうか。」 「いやーしかし、こうして実際にやっているのを見ると、妹さんがいてくれてよかったーてしみじみ感じます。 自分がそんな汚いところに指を入れるだなんて、想像しただけで吐き気がしますもん。 やっぱり持つべきものは妹ですよねー。」 「今から私に中出しする準備初めて一人で盛り上がってるお兄さんには 大変申し訳ないのですが、お兄さんがイっちゃう前に、今度はおち○ちんごとまた止めさせてもらいますね。 その後、射精寸前で止められたイライラおち○ちん使って一人で楽しませてもらうとします。 今回はお兄さんを気持ち良くさせることが目的ではありませんので、オナニーの道具は道具らしく、 私を気持ちよくさ せるという役目に徹して下さいね。」 ———-4.兄妹仲良く——— あなたを使ってのオナニーに満足した彼女。 射精寸前に時間を止められたあなたのペニスは停止を解除すればその瞬間にでも射精してしまうでしょう。 もちろん道具代わりに使った男の精液など彼女には不要なモノです。 そこで彼女は、あなたの精液の排泄先として、とある場所を用意してあげるのでした。 「さて、停止を解除すればこのおち○ちんはすぐに射精が始まっちゃうわけですけども。 やっぱりただ普通にイってもらうだけじゃつまんないですよねー。 次の瞬間どうなってるか楽しみにしてーなんて煽った責任もありますし。 お兄さんの期待に応えられるセッティングをしてあげたいですが。」 「わたしの中でぐーっちゃぐっちゃに揉みしだかれてー、その刺激でお兄さんあっという間に 射精寸前になっちゃったので、その精液を私の代わりに妹さんの中に出してもらいますねー。 私が欲しいのはあくまでお兄さんのおち○ちんだけなので、そこから出てくるいらない精液は 貴女のおま○この中にポイッでーす。」 「せっかく兄妹水入らずで連結したんですから、 ただ入れただけじゃ作業的で愛がないですねえ。 そうですねー、お互いに抱き合ってもらいましょうか。 片手は相手の背中に回して、もう片方の手は相手の頭の後ろに回して、そしてそのまま顔を近づけて、 そのままキス、です!さらに妹さんが両足でお兄さんをホールドすればぁ、うーんいいですねいいですねえ。 お互いにがっちり抱き合って密着して。これぞ兄妹愛!プラトニックラブ!」 ———-オマケ.完全男性主観ver——— 時間停止部分を切り取った完全男性視点でのオマケ音声となります。 めまぐるしく変わる状況に、より一層時間を止められる気分が味わえるかな、と思いますので、 よろしければお楽しみ下さい。 ———-オマケのオマケ〜砂糖しお様による魅惑の魅ステイク〜——— 今回ご出演頂きました砂糖しお様の茶目っ気が垣間見えるミステイクをオマケとして封入いたしました。 声優様の陰の労力が窺えると共に、演じていたキャラクターとはまた違った魅力に気づくかも…? 収録時間:約1時間23分(オマケを含めた場合:2時間2分) ============================================================== CV:砂糖しお様 http://sugar86solt.main.jp/ イラスト:眞人様 http://www3.kcn.ne.jp/~mahito/ 台本:狐屋本舗 https://minaduki6.wixsite.com/mysite https://twitter.com/kituneyahonpo64   時間を止めて逆レイプ 〜今からお兄さんは私のダッチワイフです〜 時間を止めて逆レイプ 〜今からお兄さんは私のダッチワイフです〜]]>

踊り子&バニーガール催眠

踊り子&バニーガール催眠 「踊り子催眠」と「バニーガール催眠」のセットです。 —————————————— 踊り子催眠 「そうよ、私があなたに催眠を掛けてみるの…」(CV:紫月琥珀) (本編から引用) あら、君…パーティーを抜け出してきたの? いいえ…私は雇われの身…参加することはできないんだけど… あ、でもそのお酒は頂くわ…ありがとう。 んぐ…ん…はぁ…体を動かした後の一杯は最高ね。 君はいつこの国へ来たの? へぇ‥大変でしょ、この国の言葉難しいし… そうそう。独特なアクセントがあって、 間違えると嫌われちゃうのよ‥ 私?私は南の国から出稼ぎに来てるの 通貨の格差があるから… こっちで稼ぐとあっちでは大金になるの… うふふ。そう、やめられないわ… 話は変わるけど… つい最近この町に有名な催眠術士が訪れたのよね… お客さんの間では結構話題になってて、 私もどんなものかと思って試してみたんだけど… すごかったわ…なんていうか自分の心が言うこときかなくて 理性が取り除かれて、本能と欲望のままの自分でいられるの… うん。そうそう、一応意識はあるんだけど… なんか暗示の言葉に逆らえないの… でね、その催眠術師と少しだけ…仲良くなって 教えてもらったのよ、秘伝の術とやらを ここさ、二人きりになれるし…よかったら、試させてくれないかな そうよ、私があなたに催眠を掛けてみるの… —————————————— 当作品は催眠音声です。あえぎ声やフェラ音はほとんどありません。 体験版に入っている台本とサンプル音声をご確認の上ご購入ください。 シナリオ:shinki http://www.voiceblog.jp/everestpeak CV:紫月琥珀 イラスト:眞人 http://www3.kcn.ne.jp/~mahito/ 【トラックリスト】 1 – 注意事項(52秒) 2 – 導入(12分50秒) 3 – 快楽の予告(3分7秒) 4 – 想像のよだれ(13分7秒) 5 – 本番(20分26秒) 6 – 解除(1分38秒) 合計 – 52分2秒 —————————————— バニーガール催眠 「お客さんのことを催眠で思い通りにしちゃうんです。」(CV:霜月優) (本編から引用) 私の身体…そんなに魅力的だと思います? うふふ、嬉しいです… といったところで何もしませんけどね。 いやん、お客さん…そんなに近づいたらダメです。 うさぎさんには優しくしてくださいな… もう… しょうがないですね… でも条件があります。数十分間私の言葉をずっと聞いて 寝ずに起きたままでいてくれたら 好きなようにしてもいいですよ? 何をするのか?それはですね… お客さんのことを催眠で思い通りにしちゃうんです。 私以外の女の子に興味が無くなるようにするためです…かね? ちなみに寝たらその間にドリンクどんどんオーダーしちゃいますから ね、悪い女でしょ? あ、へらへら笑ってる…起きたままでいられても… 忘れないでください、その時は私の虜にしてあげますから…覚悟して下さいね。 話し合い成立ですね、じゃあしばらく私の指示に従っててください。 —————————————— 当作品は催眠音声です。あえぎ声やフェラ音はほとんどありません。 体験版に入っている台本とサンプル音声をご確認の上ご購入ください。 シナリオ:shinki http://www.voiceblog.jp/everestpeak CV:霜月優 http://shimotsukiyuu.blog44.fc2.com/ イラスト:眞人 http://www3.kcn.ne.jp/~mahito/ 【トラックリスト】 01 – 注意事項(34秒) 02 – 誘惑(4分18秒) 03 – 導入(16分46秒) 04 – バニーの虜(4分15秒) 05 – 我慢の限界(4分40秒) 06 – 上目遣い(6分33秒) 07 – 本番(11分4秒) 08 – 解除(1分36秒) 合計 – 49分50秒 ——————————————- 総合計 – 101分52秒 それぞれの作品のページはこちらから 「踊り子催眠」(RJ090480) http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ090480.html 「バニーガール催眠」(RJ091094) http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ091094.html   踊り子&バニーガール催眠 踊り子&バニーガール催眠]]>