Tag Archives: フラワートラップ

【TSレズふたなり逆レイプ】フラワートラップ 2章 ―新体操部オリヒメの女性化催眠快楽逆レイプ


【TSレズふたなり逆レイプ】フラワートラップ 2章 ―新体操部オリヒメの女性化催眠快楽逆レイプ

催眠術で女の子だと思い込んだ主人公が快楽責めされるボイスドラマです

オリヒメの女性化催眠 冒頭

オリヒメ「では先生、早速レオタードに着替えてもらえますか?」

エル「えっ!? ど、どうして俺……じゃなくて、私がレオタードを着なくちゃいけないんですか?」

オリヒメ「なぜって、新体操部の顧問を体験されに来たんですよね? あっ、もしかして先生、恥ずかしいんですか?」

エル「そ、そんなことありません!」

オリヒメ「だったら、いいじゃないですか。エルフと人が共学しているこの学院に、先生は視察で来たんでしょ?」

オリヒメ「だったら、ちゃんと体験しないとダメじゃないですか?」

エル「それは、そうですが……」

オリヒメ「それに、演技指導する際に体のラインが見えたほうが、筋肉の動きとかがわかりやすいんですよ」

オリヒメ「特に女性の場合は、男性ほど筋肉がはっきり見えませんし……」

オリヒメ「エル先生は……女性にしては体格がいいですね。でも体のラインは、ちゃんと女性らしい丸みを帯びてて……」

オリヒメ「なんだか中性的というか、少し不思議な――」

エル「わ、わかりました! 着替えればいいんでしょう! 着替えますから、あんまりじろじろ見ないでください!」

エル(理事長の不正経理の調査で潜入してるのに、これ以上怪しまれるのはマズい)

エル(いくら女の体になれるって言っても完全じゃないからな)

オリヒメ「ふふ♪ ごめんなさい。じゃあ、レオタードはこっちの更衣室に用意してありますから」

エル「ええ。わかったわ」

オリヒメ「そうだ、先生」

オリヒメ「あまりレオタードを着たことがないみたいですし、よかったらお着替え手伝いましょうか?」

エル「だ、大丈夫です! 着替えくらい一人で出来ますから!」

——-

オリヒメ「ふふ♪ まさか、私が体の動きだけで催眠をかけられるなんて思ってもみなかったでしょうね」

オリヒメ「私の演技を見て一分も保たずに眠ってしまって……さあ、視察に来た先生じゃなくて新体操部の女性新入部員として、そろそろ起きる時間よ」

オリヒメ「エル、起きて」

エル「ん? んん……オリヒメ……先輩?」

オリヒメ「大丈夫? レオタードに着替えて少し動いたら急に倒れて、心配したのよ」

エル「ここは? なんだか……地下室みたいですけど……」

オリヒメ「ええ。ここは部室の下にある部屋なの。あなたを横に出来る場所がここしかなくて……」

オリヒメ「保健室のベッドのように柔らかくはないけど、寝心地は悪くないでしょ?」

エル「悪くはないですけど……って、あれ? 体が?」

オリヒメ「ああ。体は動かせないわよ」

オリヒメ「もしかしたらレオタードが合わなくて体に負担がかかったのかもと思って、身体検査モードにしてあるから」

エル「身体検査モード?」

オリヒメ「そう。このレオタードは人口知能を搭載した極細繊維――ナノ単位の触手と言ったほうがいいかしら。それで出来ててね」

オリヒメ「私の指示で自由に動かすことが出来るのよ」

エル「えっと、こんなことしなくても……多分、疲れただけだと思いますから」

オリヒメ「ダメよ。あなたは大切な期待の新入部員なんだから……」

オリヒメ「怪我をしていないか、ちゃんと体の隅々まで検査して、あ・げ・る♪ ふ~♪」

エル「ひゃうっ! う、うぅ……」

オリヒメ「まずは、そうね……足から見てみようかしら」

オリヒメ「このレオタードは全身を包み込むタイプだから、体に合わないと結構苦しいのよね」

オリヒメ「ふくらはぎから太ももにかけてのラインは……」

エル「はぁっ……んんっ……指で、そんなっ……」

オリヒメ「ふふ♪ 指でなぞっただけなのに、エルは敏感なのね」

オリヒメ「でも我慢してね。これも、あなたのためなんだから」

オリヒメ「次は上半身ね。ちょっと胸を触るわよ」

エル「あ、やぁ……ん~~っ!」

オリヒメ「アンダーは……なるほど……それでトップは……」

エル「あんっ♪ だめっ……そんなに揉んだらっ……」

登場人物

■登場人物

★エル
女体化する男の子
今回は催眠で心も女の子になります
CV秋野かえで様

■2章の登場人物
★科学者
エルフの研究所の所長
2章で登場しエルの女体化の診療と称して快楽責めを
する

■3章の登場人物
★オリヒメ
エルフ女学院の新体操部部長
催眠術を得意とする
エルを催眠術で心を女の子にして弄ぶ
美しいレオタードに異常な執着を持つ

★女司祭
学院の理事長で学院を裏で支配する
変装の達人

作品内容

■登場人物

★エル
女体化する男の子
今回は催眠で心も女の子になります
CV秋野かえで様

■登場人物
★オリヒメ
エルフ女学院の新体操部部長
催眠術を得意とする
エルを催眠術で心を女の子にして弄ぶ
美しいレオタードに異常な執着を持つ
CV御子柴泉様

★女司祭
学院の理事長で学院を裏で支配する
変装の達人
CV秋野かえで様

エロシーン

オリヒメ「はむっ、んぢゅっ♪ ぶちゅうううっ♪」

エル「んんっ!? んーーーーっ!」

オリヒメ「ねえ、私にもっと美しいレオタードを見せて♪ 乳首も、もっと虐めてあげるからっ♪」

オリヒメ「ほらほらっ♪ んちゅっ、はぁ……乳首くりくり、もっと感じてっ♪ ちゅぷれろっ、んぢゅるるっ♪」

エル「やめっ、んんっ! んんん~~~~っ♪」

オリヒメ「ああっ♪ レオタードに、ぷっくりした乳首の形が浮かんでる♪」

オリヒメ「もっとして欲しそうに、ビンビンにレオタードを押し上げて……いいわよ。いっぱい弄ってあげる♪」

オリヒメ「乳首摘まんで、シコシコシコシコっ♪」

エル「はぁあっ♪ んんっ! んくぅん~~~~っ♪」

オリヒメ「ふふ♪ 何を我慢しているの? 乳首、気持ちいいんでしょ?」

オリヒメ「女の子が乳首で感じるなんて普通のことよ? それとも、男だから恥ずかしいの? まあ、この際、美しいレオタードを見せてくれれば、どっちでもいいけど♪」

オリヒメ「もっと弄ってあげるから♪ いっぱい感じて♪ 乳首を摘まんで、くりくりくりくり~~~~っ♪」

エル「はぁあああんっ♪ ああっ♪ やぁあああっ♪」

オリヒメ「な~に? 乳首はイヤだって言うの? それじゃあ、尿道を責めてあげる♪」

エル「ひっ! や、やめっ……」

オリヒメ「やめてあげない♪ だって、あなたを苛めたら、もっともっと素敵なレオタードが見れそうなんだもの」

オリヒメ「ほら、あなたの尿道に入ったレオタードの繊維が、もっと激しく動くわよ♪」

エル「やだやだっ! あぁああああああっ!」

オリヒメ「わかる? 繊維の一本一本がうねうねと蠢きながら、束になって尿道の中をにゅぷにゅぷと前後に動くの♪」

オリヒメ「どう? 尿道に触手を挿入される気分は? 女の子みたいな感じ? それとも、男がオナニーするみたいな感じかしら?」

エル「わからないっ! わからないけどっ……ああっ! はぁあああっ! すごいぃいいいいっ♪」

エル「オチンポっ、しこしこ気持ちいいぃいいいいっ♪ こんなの知らないっ♪ 気持ちよすぎるっ♪ よすぎるのぉおおおおおっ♪」

オリヒメ「あらあら♪ 自分から腰を動かすなんて、エルはエッチな女の子ね?」

オリヒメ「それとも、レオタードを着て尿道責めで感じる、ただの変態さんかしら?」

エル「私っ……私ぃいいいっ!」

オリヒメ「ああっ♪ レオタードが見たことのない形にっ♪ 最高よっ♪ 最高のレオタードよっ♪」

オリヒメ「んぢゅぷぷっ♪ ぢゅるれろっ、んちゅっ、んちゅっ、れりゅぢゅぷっ♪」

オリヒメ「ぷはぁ……もっと乳首も弄ってあげる♪ しこしこっ♪ くりくりっ♪ しこしこしこしこっ♪」

エル「あぁああああっ♪ だめだめっ♪ もうだめっ! 出ちゃうううううっ!」

オリヒメ「いいわよっ♪ 出してっ♪ ぢゅぷれろっ、んぢゅるぅうううううっ♪」

エル「んんんっ♪ 出りゅううううううっ♪」

エル「ぁ、ぁぁ……」

オリヒメ「ふふ♪ すっかり蕩けた顔しちゃって♪」

オリヒメ「でも、まだお楽しみはこれからよ?」

オリヒメ「エル、よく聞きなさい。今からあなたに、つよーい催眠をかけてあげるわ」

オリヒメ「でもそれには、より深いトランス状態になる必要があるの」

オリヒメ「だから、あなたを何度も何度も何度も射精させて、今以上の快楽を味わわせてあげる♪」

エル「いま……いじょう……?」

オリヒメ「そう、今以上♪ べろれろっ、れろぉおおおおっ♪」

エル「はぁああんっ♪ はぁ、はぁ……」

オリヒメ「エルは、オチンチンで射精しちゃうようなエッチで変態な女の子だもの。もっと気持ちよくなりたいでしょ?」

オリヒメ「イッたばかりのオチンチンって、とっても敏感なんですって」

オリヒメ「だから、今、あなたのオチンチンをレオタードに命令してシコシコさせたら……きっと、すっごく気持ちいいわよ♪」

エル「きもち……いい……」

オリヒメ「邪淫神様の力を宿したこの蜜を飲めば、あなたの変態性はより高まって、ダークエルフになる頃には悩みなんて消えているわ」

女司祭「べろぉおおおっ、べちゅれろっ♪ 女なのに勃起して射精するような変態を受け入れてくれるのは邪淫神様だけよ」

オリヒメ「ぢゅぷれろっ、べろろろっ♪ しかも、変態性の高まったあなたの精液は実を成長させ、邪淫神様を復活させることができる」

女司祭「はむれろっ、れぇーろっ、べろれろっ、べろぉおおおっ♪」

オリヒメ「べろれろっ、はむれろっ、べちゅれろっ、れろっ♪ ふ~っ♪」

女司祭「邪淫神様であれば、あなたを本当の姿に導いてくれるわ。ふ~っ♪」

エル「あ、あぁっ♪ 本当の、私……」

オリヒメ「れぇーろっ、れろぉおおおっ♪ 女なのにオチンチンを持った変態。それこそが、あなたの本当の姿♪」

女司祭「べちゅれろっ、べろぉおおおっ♪ 恥ずかしいのに射精してしまう変態。それこそが、あなたの本性♪」

オリヒメ「エル、もっと気持ちよくなりたいでしょ? れろろろっ、はむれろっ、べろべろっ、ぢゅろろろっ♪」

女司祭「エル、もっと自分らしく、自由に生きたいでしょう? んちゅっ♪ んちゅっ♪ はむはむっ、べぇーろっ、れろれろっ、ぢゅぷれろっ、ぢゅるるぅうううっ♪」

エル「あぁあああんっ♪ もっと気持ちよく……もっと自由にぃ……♪」

オリヒメ「あなたが望めば、邪淫神様は必ず願いを叶えてくれる」

女司祭「あなたは、邪淫神様に愛されているのだから」

オリヒメ「はむれろっ、べろれろっ……あなたがダークエルフになれば、あなたはあらゆる苦しみから解放され……」

女司祭「はむれろっ、べぇーろっ……そして、搾精と変態の女神である邪淫神様も復活する」

オリヒメ「べちゅれろっ、べろぉおおおっ♪ 人間は変態を異端者扱いする」

女司祭「べろべちゅっ、れろぉおおおおっ♪ でも、邪淫神様は変態だからこそ認めてくださる」

女司祭「さあ、エル、この蜜を一気に飲み干して♪」

オリヒメ「さあ、本当の自分を解放しましょう♪」

女司祭&オリヒメ「あなたに、搾精と変態の女神の祝福を」

■注意事項

※本番、アヌスプレイはありません。
※アヘ声はあまり無いと思います。
※主人公は生物学上は男性ですが、
快楽責めの最中は胸が膨らむ体質で、さらに
声質も女性的になり、雰囲気も女性的になります。
さらに本章では女性として潜入しており、女性になりきっていたり、女性と思う催眠を受けているので、
ある意味女性かもしれません。
ジャンルは一応、TSレズふたなりとなってますが、
厳密に言えば違うかもしれませんし、そうかもしれません。
当てはまるジャンルが無いので、一応TSレズふたなりとしています。

この作品は「【TSレズふたなり逆レイプ】フラワートラップ 1章、2章セット―新体操部オリヒメの女性化催眠快楽レイプ(RJ300591)」と内容の重複があります。

 


【TSレズふたなり逆レイプ】フラワートラップ 2章 ―新体操部オリヒメの女性化催眠快楽逆レイプ