Tag Archives: うたかた

【耳舐め・キス】山奥でされるがままコンコンおもてなしされ夜はぬっぽり襲われる一夜【耳かき・バイノーラル】


【耳舐め・キス】山奥でされるがままコンコンおもてなしされ夜はぬっぽり襲われる一夜【耳かき・バイノーラル】

美人で美しい妖怪狐と山奥で一夜をぬっぽり楽しむ音声作品です。耳舐め、キス、温泉とたっぷりおもてなしされて最後に待つのは…。cv.歩サラ

美人で美しい妖怪狐と山奥で一夜をぬっぽり楽しむ音声作品です。cv.歩サラ

【耳舐め・キス】山奥でされるがままコンコンおもてなしされ夜はぬっぽり襲われる一夜【耳かき・バイノーラル】 [ウタカタ]

◎あらすじ

山奥、秘境のような場所で小川のせせらぎに耳を傾けながら写真を撮っていた。
自然風景に見とれながらカメラを構えると、1人の少女に出会った。
彼女はあなたを盗撮だなんだと言って難癖をつけてきた。
潔白を証明するためにとカメラを渡したところ誤って小川に落ちてしまった。
燐子と自己紹介した彼女はあなたに責任を感じ、どうせなら家にどうぞとあれよあれよとついていくことに。
しかしそこで待っているのはただの世間話の続きなどではなく、甘く蕩けるようなおもてなしだった。

◎作品構成(約77分)

1:小川のほとりで1人の少女と(08:00)……少女との出会いは周囲に人気のない山深い小川の近く。なにかと自意識過剰な少女はその不遜さを正さずにあなたに突っかかります。川に落ちびしょ濡れになってしまったあなたを介抱するとして、少女はあなたの手を引き家へと連れて行く。

2:お風呂となんだかんだのよもやま話(09:02)……冷えた身体を風呂で温めるあなた。少女はあなたの身体を洗うのだとして無理矢理入ってきてゴシゴシ。でも着衣のままで少しがっかり。だけどもそれを少女はちょっと見越しているようで。

3:もふもふ耳かき優しくさわさわ(15:05)……風呂から上がりぽかぽかなあなたを膝の上でたっぷりゆっくりと耳かき。のんびりした空気の中、ただひたすらに流れる緩い時間。意識は少しずつ夢の中へ。

4:膝枕でうとうと狐のお話(11:11)……膝枕でうとうと。少女は昔話のように山に伝わる狐のお話をたっぷりとします。それが誰で何の為の話なのか、あなたは思案しますが眠りに入ってしまいます。

5:夜のいたずら逃がさない(28:05)……ぐっすり眠るあなたの布団に少女は潜り込み、あなたのお耳をたっぷり舐め舐め。口にも情熱的なキス。辛抱たまらずされるがまま、あなたは果ててしまう。

6:おやすみとさよなら(06:20)……出すもの出してまた夢うつつなあなた。薄れ行く意識の中、少女はなにやら独り言。どうやら彼女は人ではないらしく?

◎作品ポイント
・ぐいぐいな少女は有無を言わさない……謎の少女はあなたの手を引き様々なコトを強引にやっていく。受け身なあなたを優しくサポート、お風呂も耳かきもおやすみも夜のオトモも。

・バイノーラル……全篇バイノーラル収録です。右に左に正面に。お楽しみください。

■出演
燐子:歩サラ様

 


【耳舐め・キス】山奥でされるがままコンコンおもてなしされ夜はぬっぽり襲われる一夜【耳かき・バイノーラル】

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 雨水の逢着【バイノーラル・癒やし】


【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 雨水の逢着【バイノーラル・癒やし】

まだまだ寒さが厳しいこの季節に新しい出会いの予感。椿さんとしっぽり寒い夜を温かく過ごして癒やされて下さいね。CV.有栖川みや美

まだまだ寒いこの季節に新たな出会い。椿さんと寒い冬を温かく過ごしましょう♪cv.有栖川みや美

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 雨水の逢着【バイノーラル・癒やし】 [ウタカタ]

■プロローグ

季節は雨水。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる季節。

暦の上ではそうだが、この田舎町では雪解けはもう少し先になりそうな季節だった。

本格的な春の訪れはまだまだ遠い。

男は宿の予約をしていた。

電話口で聞いた声は、これまで聞いたことのない声だった。

いつものバス停から降り、宿へ向かう。

門をくぐると、縁側でぼぅっと佇んでいた女性を目が合った。

【椿】
「……どうなさいました? この宿になにか御用でしょうか? ……なにもない辺鄙な田舎町、巡る場所は少なく足を運ぶのも自然ではありますが……」

【椿】
「観光の方ではなさそうですね、道に迷われた先に訪れた……でもなさそう。ご予約はされましたか? ……では、あなたが旦那様……で、よろしいでしょうか?」

■作品構成(約80分)

・昼の部
1:はじめまして(6:51)……初めて出会う人とは緊張するもの。椿はあなたと軽い会話を重ねて強張りを解し、人となりをやんわりと伝えます。

2:雨水の逢着(4:40)……元々宿にいたという椿はあなたのことを伝え聞いていたようです。

3:両耳かき(14:53)……右耳、左耳、両方を耳かき。お話は季節のこと半分、椿自身のこと半分。

4:膝枕でお昼寝(12:00)……椿の膝の上でそのままお昼寝。夜のことを少し匂わせ、それでも静かな吐息だけが続きます。

・夜の部
1:耳舐めとお世話(39:51)……肌寒い夜、あなたの布団に椿がお邪魔します。耳舐めからのお世話。

■作品ポイント
・雨水の逢着……椿はかなりのベテランさんのようです。そしてこれまでのお宿の人とはまた違ったタイプの人。

・吐息は長めに……お昼寝の吐息は10分近くあります。睡眠導入にうってつけです。

・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。

■出演
椿(つばき):有栖川みや美 様

■制作
サークル:うたかた
シナリオ,編集:尼子直次
イラスト:池谷神楽

■同人音声サークル「うたかた」Twitter
https://twitter.com/utakata2017

 


【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 雨水の逢着【バイノーラル・癒やし】

【バイノーラル・癒やし】うたかたの宿 猛暑の銷夏【耳舐め・指舐め】


【バイノーラル・癒やし】うたかたの宿 猛暑の銷夏【耳舐め・指舐め】

暑い夏に涼しげな音声作品で癒やされてみませんか?耳舐め指舐めたくさんお世話させて頂きますね。CV.奏雨

暑い夏にたくさん癒やされて下さい。たくさんお世話させて頂きますね。CV.奏雨

■プロローグ

季節は夏。

例年よりも暑く、天気はしばらく猛暑が続くと報じていた。

男は避暑のため宿へと電話をしたが、繋がらなかった。

不安に思い足を運ぶと宿は改装工事のように足場が組まれてあった。

呆然とその場に立ち尽くしていると、後ろから声がかかった。

【竜胆】
「おやぁ、お客様ですか? 見ての通り……お宿はご覧の状態でして……って、旦那様ですか。これはこれはお久しぶりです。」

【竜胆】
「かなり御無沙汰しております、竜胆です。予約もなにもしてませんよね? ふぅーむ……あぁ、これですか? これは修繕ですよ。お宿の修繕。」

■作品構成

・昼の部
1:お久しぶりです……久しぶりの出会いは唐突に。少しの緊張がありますが、会話を重ねればいつも通り。裏方なればこそ、今日出会えたようです。

2:猛暑の銷夏……裏山の沢で一休み。足を沢に浸し、銷夏。よもやま話をしつつですが、竜胆は長らく会えなかったことに少し思うことがあるようです。

3:夏の戯れ……人知れない裏山で戯れ。正面で指を舐めつつ、挑発的に言葉を交えつつ。

・夜の部
1:耳舐めとお世話……宿は修繕中とのことで、少し狭い離れで二人きり。1つの布団で密着し、耳舐めからのお世話。

2:おやすみなさい……すっきりしてあとは寝るだけ。お疲れ様でした。

■作品ポイント
・猛暑の銷夏……木々のざわめき、蝉の声、そして涼しい沢の音。それらに耳を傾けつつ彼女の話を聞いてください。きっと気持ち涼しくなるでしょう。

・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。

■出演
竜胆(りんどう):奏雨 様

■制作
サークル:うたかた
シナリオ,編集:尼子直次
イラスト:池谷神楽

■同人音声サークル「うたかた」Twitter
https://twitter.com/utakata2017

 


【バイノーラル・癒やし】うたかたの宿 猛暑の銷夏【耳舐め・指舐め】

【バイノーラル・キス】巫女の密着甘々お祓い行為【耳舐め】


【バイノーラル・キス】巫女の密着甘々お祓い行為【耳舐め】

巫女さんに密着されまくりで甘々なお祓い受けてみませんか?キスと耳舐めでたっぷりお祓いしちゃいます♪cv.歩サラ

かわいい巫女さんにたっぷり密着甘々お祓い行為をうけませんか?cv.歩サラ

【バイノーラル・キス】巫女の密着甘々お祓い行為【耳舐め】 [ウタカタ]

■プロローグ
ある日から男は倦怠感が抜けず、気怠い日々を過ごすようになった。

さらに最近運がない、それはもう素晴しく悉く運がなかった。

霊感のある友人曰く、どうやらよくないものが憑いているとのこと。

そういった眉唾なものは信じないが、気休めとして近所の神社に行くとそこの神主から自分では無理と言われ、とある山奥の神社を進められた。

その神社はとんでもない山奥にあり、周囲は森に囲まれており一見してなにか特別な雰囲気を感じた。

電気は届いるようで、電波は1本。神社の周囲に集落は無く、それ自体が自然に取り込まれているかのような趣があった。

恐る恐る足を進めると、一人の巫女さんが境内を箒で掃いていた。

【巫女】
「……ん? 観光ですか? 参拝はどうぞご自由になさってください。あぁ、神主は今出ておりましてご用件ならば私が承ります」

【巫女】
「見ての通り、山奥も山奥ですから。いつ帰られるかはちょっと私にもわかりかねます。この付近には集落もなく、商店も1時間ほど車で行かなければないですし……」

【巫女】
「まぁ、折角来られたのですからぐるりと見て回っていいかもですね。古より続く神社ですから、そういうのがお好きな方が時々写真を撮りに来られますよ」

【巫女】
「……? 観光じゃないんですか? えーっと、だとしたら神主に? ……言伝なら私が預かりますが……ほぅほぅ……ほー……あー……んー……あ゛?」

【巫女】
「えーっと……すみません。もう少し詳しくお聞かせ下さい。……ふんふん……なるほど…………あー、それはそれは……あちゃー……紹介……ふぅーん……なるほどなるほど……」

男は巫女に促されるまま、現在の状況を話し自分自身の不幸への解決へと向かうのだった。

巫女さんとあまあまなお祓い始まります♪

■キャラクター
名前:巫女
本名は不詳。背は小さいが、胸は少し大きめ。
とある山奥の神社で巫女をしている女性。
神社には厄介な人がやってきては、それをお祓いするのを仕事としている。
神主は多忙を極めており、ほとんど巫女1人で神社を切り盛りしているが、そもそも山奥にあるので人は来ないので楽。
明朗快活でスパっとしており、歯に衣着せない物言いをする。
相手を思いやる気持ちは強く、お祓いのためにならなんだってする。その一つとして、少しエロいこともする。
だが、本人はさして気にしていない。

■作品構成[収録内容](約66分)

1:出会いと説明(09:21)……何故此処にきたのかの説明そしてそれを払うために何するかを色々と聞く。陰気が溜まっているとのことでそれを2人でブッ飛ばしましょう!と、巫女は意気込む。

2:社の中で(13:41)……陰気が雨を連れてきて社へ避難。霊験あらたかなお神酒を頂き心神を整えます。陰気を出すために恋人のように甘く接する巫女、あなたもそれにノっちゃいます。

3:思い人のように接吻を(16:22)……陰気を出すために気分を高めていきましょう。恋人のように甘く蕩けるキスを優しく、そしてじっくりディープに。

4:陰気を出しましょう(23:10)……ギンギンになったあなたの陰気を出すために、巫女は優しくお耳を舐めつつ扱きます。たっぷり出した後は陰気を綺麗にするためにお掃除フェラも。

5:もう来ないでくださいね(03:11)……全てが終り晴れ晴れとしたあなた。陰気を出したということは、もうここには用がない。だけども……?

■作品ポイント
・巫女っぽいけどぽくない巫女……基本は優しく丁寧ですがざっくばらんにツッコんだり『あんた』と呼んだり少し俗っぽい巫女さん。でも基本は巫女。

・恋人のようなプレイ……儀式として互いに初対面なのに『恋人のような』体で行為をします。そこはかとない緊張とよそよそしさがありつつも、気分は次第に乗ってきて終いにはノリノリに。

・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。

■出演
巫女:歩サラ 様

■制作
サークル:うたかた
シナリオ,編集:尼子直次
イラスト:池谷神楽

■同人音声サークル「うたかた」Twitter
https://twitter.com/utakata2017

 


【バイノーラル・キス】巫女の密着甘々お祓い行為【耳舐め】

【耳かき・耳舐め】癒やしの空間双子姉妹宿 夏の花火【バイノーラル・癒やし】


【耳かき・耳舐め】癒やしの空間双子姉妹宿 夏の花火【バイノーラル・癒やし】

夏の夜の癒やし空間をしまいと共に…。

【耳かき・耳舐め】癒やしの空間双子姉妹宿 夏の花火【バイノーラル・癒やし】 [ウタカタ]

■プロローグ
季節は夏。

蝉が鳴き、じわじわと暑さが身にしみる暑い日が続く山村。
男性は宿の予約をしていた。
山の奥にひっそりとたたずむ一つの宿。

夏の日差しの中、男がバス停から降りると双子姉妹が迎えに来てくれていた。
「ようこそ旦那さま。お待ちしておりました。」

■作品構成[収録内容64分程度]

01:夏と姉妹の出会い(12:13)……迎えにきた双子姉妹、夏帆と葉月と共に夏の暑さを感じる山道をゆったりとお散歩。途中にひんやりとした河原で水遊びしつつ、風景を楽しみながらのんびりとした時間をお過ごしください。

02:夏の夕涼み(12:33)……縁側で夕日を眺めながらかわいい姉妹とのんびりとした夕涼みをお楽しみください。

03:露天風呂でご奉仕(11:44)……1日のつかれと汗を露天風呂で洗い流してください。もちろん姉妹も旦那さまの大切なところ、お世話させて頂きますよ。

04:花火とご奉仕(18:29)……縁側で花火を見ながらの姉妹からのご奉仕。ゆったりとした耳舐め。両側からのご奉仕をたくさん味わってください。

05:おやすみのお世話(09:41)……旦那さまが眠りにつくまで、ゆっくりとお世話させて頂きます。あま〜い空間に包まれながらぐっすりと…お休みなさい、旦那さま。

■作品ポイント
・睡眠誘導……耳かき、耳舐め時の台詞や効果音、眠りにつきやすいようにしております。非常にゆったりと、柔らかい音になっております。長時間聞いても大丈夫なように、五月蠅くなく、台詞もなるべくゆったりと心地の良い感じに演じて頂いております。睡眠誘導の効果も、ある……と、思います。

・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。

■サークルTwitter
https://twitter.com/utakata2017

■出演
夏帆:北見六花
葉月:北見六花

■制作
サークル:うたかた
シナリオ:五月雨久遠
イラスト:池谷神楽

 

【耳かき・耳舐め】癒やしの空間双子姉妹宿 夏の花火【バイノーラル・癒やし】