JKリフレ~義妹(いもうと)と一緒にお散歩コース~


JKリフレ~義妹(いもうと)と一緒にお散歩コース~

親の再婚にて義理の妹が出来た主人公。 一緒に過ごす事にはなったが 妹とはなかなか話をする機会も少なく 少しばかりぎこちない。 そんな日が続く中、妹がバイトに出かけ、暇を持て余す主人公。 久々に性的欲求を満たすべくJKリフレに行くことに。 ネットを通して、 手で顔を覆われたプロフを見ながらも気になる子を 指名してお散歩コースとして待ち合わせ場所へ… そこに現れた指名の子はなんと義理の妹だった…

発売記念セール&購入特典

JKリフレ~義妹(いもうと)と一緒にお散歩コース~ [back fill]

 

ストーリー紹介

JKリフレ~義妹(いもうと)と一緒にお散歩コース~ [back fill]

 

ヒロイン紹介

JKリフレ~義妹(いもうと)と一緒にお散歩コース~ [back fill]

 

作品構成

  • プロローグ
    03:05
  • ラブホテルヘ
    06:00
  • キス・フェラ・耳舐め・パイズリ
    17:10
  • 化粧台にてバック責め
    09:48
  • 正常位さらに体を求め合う
    09:05
  • エピローグ
    02:15
  • 合計時間 47:23 wav,mp3同梱
    47:23

トラック 一部抜粋

(1)プロローグ

「あ、ご指名入った♪」
「えっと、緑岡(みどりおか)公園に15時とー。制服はブレザー……うん、オッケー」
「(主人公を見て驚く)あっ」
「(平静を装い)お兄ちゃん、リビングにいたの?」

主人公:「……」//さっきからリビングにいたよ。

「そっかー。自分の部屋にいるかと思ってたよ。びっくりしたぁ」
「あの、さ」

主人公:「……」//なに?

「さっきの独り言、聞いてた?」

主人公:「……」//うん、少しだけ。

「うっ……やっぱ聞こえた? えっと、ほら、友だちからのメッセージ読んでただけなの!」
「ちょうどスマホに通知きて、今度遊ぼうって! 別に変な話じゃないからね」
「ね?」

主人公:「……」//なんで焦ってるの?

「(笑ってごまかし)別に、焦ってなんかないよ~」


~~
~~~

(2)ラブホテルヘ

「あのぉ、はじめましてー、レナです」
「(ニコッとし)こんにちは。今日はよろしくお願いしま……って、えええ!?」

主人公:「……」麻里奈!?

「お、お兄ちゃんっ、うそでしょ。なんで!?」

主人公:「……」なんでって、おまえこそ。

「それはこっちのセリフだしっ。えー、ちょっと待って」
「服装はジーンズと青のTシャツ……うっ」
「やっぱ私を指名したのお兄ちゃんじゃん!」

主人公:「……」そうだけど、お前が来るなんて思わなかったよ。

「それはこっちのセリフだよぉ! お兄ちゃんがうちのお店を予約するなんて思わなかったし」
「ていうか、これ、JKリフレだよっ。なにするのかわかってんの?」

主人公:「……」知らずに予約するわけないだろ。

「ほんとにわかってる? 制服着た私と、あーんなことやこーんなことしちゃうんだよ? わかってるの??」

主人公:「……」わかってるよ……。

「わかってるんだ。ふーん。ふーん……」
「……って、自分で言ってて恥ずかしくなってきた(ため息)」


~~

「そうだ。近くにカフェがあるから、少し休憩しようよ。お兄ちゃん、甘いもの平気?」

主人公:「……」うん。

「よかったぁ。超おいしいスイーツがあるんだ。行こっ♪」

※場面切り替え

■場所/カフェ店内(昼)

「いっただきまーす……(一口食べ)おいしいっ。幸せー」
「季節限定のタルト、食べたかったんだ。あ、写真撮るの忘れちゃった」
「スマホスマホっと……」
「うん、いい感じ。きれいに撮れたよ。ほら」

主人公:「……」そうだな。

「ふふ、イケてるでしょ? あとでSNSにアップしとこー」
「あ、そうだ」
「お兄ちゃん、こっち見て」

主人公:「……」えっ?

「えい」
「えへへ。お兄ちゃんの写真、初ゲットー」

主人公:「……」勝手に撮るなって。

「(首をかしげ)あれ、なんで不機嫌になっちゃうの? 撮られるのダメだった? 嫌なら写真消すけど」

主人公:「……」別に消さなくていいよ。

「やったぁ。そう言ってくれると思ったー。あ、もしかして不機嫌になったんじゃなくて、照れてるの?」

主人公:「……」違うよ。


~~
~~~

(3)キス・フェラ・耳舐め・パイズリ

「ひろーい。すてきな部屋ー」
「わざわざキレイなホテル選んでくれたんだね。うれしい」
「ありがとう、お兄ちゃん」

主人公:「……」お礼なんていいよ。

「またまた~。お礼なんていいって言いながら、気遣ってくれたんでしょ?」

主人公:「……」別に……。

「あはっ、照れてる。じゃあ、私も、サービスしないとダメだよね……?」


~~

「(股間を見て小さく息をのみ)うぅ……お兄ちゃんのオチンチン、すごくおっきい……ちゃんとお口に入るかな……」
「(気を取り直すように)えっと……舐めるのが下手だったら言ってね。お兄ちゃんにいっぱい気持ちよくなってほしいから」
「じゃ……いまからするよ? はむっ(亀頭をくわえる)」
「あ……先っぽから透明なお汁があふれてる……んっ(亀頭を舐める)ちゅっ、ぺろっ、ぺろっ……」
「はあ……舌にからみついてくるよ……ぺろっ、ぺろっ……ちゅ、ちゅるる……」
「んちゅっ、はあ、んぅっ、ンッ……根元のほうから、もっとなめてあげるね」
「(根元から舌を這わせ、ペロペロ舐める)んんっ、じゅるっ、ペロッ、ペロッ……はあ、お兄ちゃんのオチンチン、ビクビクしてる……」

主人公:(感じてため息を漏らす)

「(舐めながら)舐めただけで、感じちゃう? お兄ちゃん、かわいい」

主人公:「……」茶化すなよ

「(口を離し)茶化してなんかないよ。単純にうれしいの」

「お兄ちゃんのいろんな顔を見れるのが、すごく新鮮なのかも」
「お兄ちゃんのこと、もっと教えてほしいよ……(ペニスをくわえる)あむっ……んぅっ、んっ、じゅるっ、じゅる……」
「(ゆっくりフェラ)んぅ、んん、んじゅっ、じゅるっ、じゅるっ」
「(くわえながら)はあ……大きい……口からあふれちゃう」
「じゅぷっ、じゅるるっ(奥にくわえこみ)んくっ、んっ、んっ」
「(くわえながら)あふっ……さきっぽが、喉の奥にあたるよぉ……」
「(奥をくわえこみ)んぅっ、んっ、じゅぷっ、あぅ、んぅぅっ」
「(くわえながら)ねえ……私まで、体が熱くなってきちゃった……」
「あむっ……んっ……お兄ちゃんのオチンチン、もっとしゃぶりたい」
「(通常の速さでフェラ)はぅ、んぅ、じゅぷっ、じゅぷっ、あうぅっ、んん」
「はあ、んんぅ、お兄ちゃんのオチンチン、すごいよぉ……じゅるるっ、あむぅっ、んじゅっ、じゅぱっ」
「(くわえながら)お口のなかで、どんどんガチガチになってく……こんなの反則……あふれちゃう」


~~
~~~

(4)化粧台にてバック責め

「(恥ずかしそうに)お兄ちゃん、私、こんなにグショグショになっちゃった」
「ほら、おまんこ触って……」
「(陰部触られて)あうぅ」
「お兄ちゃんに少し触られただけで、ゾクゾクしちゃう」
「ねえ、そこにドレッサーあるから、後ろから責めてほしい……」
「(呼びかける)お兄ちゃん」
「(切なそうに)……お兄ちゃん……私のおまんこにオチンチン入れて」
「(挿入され、正面を向く)はうぅぅぅんっ! オチンチン、入ってくるぅっ……!」
「っ、はあ、はあ……こんなにキツキツになるなんてぇ……お兄ちゃんのオチンチン、すごくおっきい……」

「ひゃっ、待って……あっ、ああっ、あうぅっ」
「(正面向いて)あっ、やあぁっ……お兄ちゃんの、こすれてるよぉ」
「ンッ、あぁっ……こんなの、ヤバイよぉ……お兄ちゃんと繋がって……こんなに、感じちゃうなんて……」
「はあ、はあ……相性、いいのかな? お兄ちゃんも、私のなか、気持ちいい??」

主人公:「……」気持ちいいよ。

「ほんと……? はあ、ンッ……うれしい……」
「んぅっ、あっ、ああっ、興奮しちゃう……」
「鏡に、お兄ちゃんが私を突き上げてるのが映って……ドキドキするよぉ」
「お父さんとお母さんにバレたらどうしよ…………だってお兄ちゃんのオチンチン、すごく気持ちいいんだもん……軽蔑されちゃう……」

「ひうっ! あっ、あんっ、はあ、ああっ!」
「んっ、いい……おまんこのなか、熱くなってきちゃう」
「んぅっ、あんっ、はあ、はあ、あっ、あうぅっ」
「や、あぁんんっ、おまんこ、ギュウッてなるよ……あっ、あぁっ、ダメ、お兄ちゃんっ、気持ちいいぃっ」
「もっと奥……奥に入れてっ」


~~

「ひゃうっ! おっぱい掴まないでぇっ」
「や、ダメっ、乳首敏感なのっ……つままないでっ……あっ、やっ……!」
「やだやだっ、お願いぃっ……こんなの、またイッちゃうぅっ」

主人公:「……」我慢せずにイッてもいいよ。

「や……お兄ちゃん、お願いっ、無理なのぉっ、だめっ、だめっ」
「いやっ、気持ちよくておしっこ漏れちゃう、漏れちゃうよぉぉっ!」
「(漏らして)やあぁぁぁんっ!!」
「や、やだ……見ないで……」
「お兄ちゃん、ひどいよぉ。妹に恥ずかしい思いさせるなんて。いじわる」

主人公:「……」かわいくて、俺は好きだけど。

「(すねて)はぐらかしてもダメだよぉっ、怒ってるんだから」
「えっ、待って……」
「ひあんっ! あっ、やっ、あぁんっ! ずるいよぉっ!」
「や、やだっ、おまんこ、キューってなるよぉぉ……や、あぁんっ、あっ、はあぁんっ!」

主人公:「……」俺もイッてもいい?

「はあ、はあ……お兄ちゃん、イキそうなの? いいよっ……お兄ちゃんのセーエキちょうだい」
「ああぁぁんっ! お兄ちゃんっ、らめっ」
「私、またイッちゃうっ、ダメなのぉっ」
「あう、あっ! あっ! あぁっ!」
「おかしくなっちゃうっ、お兄ちゃんのオチンチンで、おかしくなっちゃうよっ」
「はあ、あっ、あんっ、あっ、ああんっ! あ、はうぅぅんっ!」
「や、ダメっ、イクっ、イッちゃうぅぅっ……!」

「(絶頂し)ひああぁぁあぁんっ!」
「お腹にセーエキが入ってくる……熱いよぉ」
「っ、あぁっ、はあ、はあ……おまんこが、ヒクヒクしちゃう……」


~~
~~~

(5)正常位さらに体を求め合う

「お兄ちゃん、きて」
「(恥ずかしそうに)お兄ちゃんがこんなにすごいと思わなかったよ」
「自分からもっとしたいって言ったの初めてなんだよ……それくらい相性いいと思う……」
「ねえ、繋がる前に、チューしてほしいな……」

主人公:「……」いいよ

「(少しトキメキながら)お兄ちゃん……んっ(キス)」
「はあ……んちゅっ、れろっ、れろっ……んっ……」
「あ……もっと舌からめたい……んちゅっ、はあ、ちゅっ、くちゅっ、れろっ、んっ」
「(唇を離し)お兄ちゃんのキス、気持ちいいよ(再びキス)」
「(夢中になって)はあ、んっ、んちゅうっ、んっ、くちゅっ、んっ、あんっ」
「(唇を離し)はあ、はあ……お兄ちゃんにのぼせそうだよ」
「おまんこ、熱くなってきちゃった……そろそろなかに入れてほしいな」
「あ……入口にお兄ちゃんの硬いオチンチンが当たってるよぉ」
「あうぅぅぅっ……入ってきちゃうぅっ……おまんこ、いっぱい開いちゃうぅっ……!」
「っ、はあ、はあ……オチンチン、子宮まで届いちゃった……ジンジンって、うずいてるよ……」

主人公:「……」動くよ

「うん……お兄ちゃん、動いて」
「お兄ちゃんが動くたびに……粘膜がこすれて、ぞくってしちゃうっ」
「あっ……んんっ、いいよぉっ……お兄ちゃんっ……気持ちいいっ……」
「おまんこ、熱いよ……どうしよ……ほんとに、気持ちいいっ……おかしくなりそう」


~~

「ひゃううっ! らめっ、お兄ちゃんっ、やぁんっ!」
「おまんこ、キューッてなるっ……お兄ちゃんっ、もう、私っ……!」
「(必死でこらえながら)うっ、あうっ、も……あっ、やっ……!」
「あんっ、んぅーっ! あうぅっ!(こらえきれず)きちゃうっ、きちゃうよぉ」
「あっ、やっ、もうダメなのっ、お兄ちゃんのオチンチン、気持ちいいのぉっ」
「イクっ、イッちゃうよぉっ、お兄ちゃんっ!!」

「(絶頂し)はあぁぁんっ!! あうっ、あぁぁんっ!!」

「子宮に流れてくるよぉ……おまんこがヒクヒクして、止まらないよぉ」

主人公:「……」まだ足りないんだけど……いいよな?

「……えっ、なに? まだ足りないって?」
「ああぁんっ! お兄ちゃんっ!」

主人公:「……」だって、麻里奈がエロいから

「やっ……違うっ、エッチなのはお兄ちゃんのほうだもんっ……私、ふつーじゃないのっ……今日は違うのっ」
「私のこと、はしたないって思っちゃヤダよぉ」


~~

フィニッシュ、その後エピローグへ。

制作スタッフ

シナリオ:ERI様 (http://workeri.cocolog-nifty.com/blog/ )

イラスト:藤倉琉音様 (@yukibanashigure)

声優:MOMOKA。様(@yuzuki_momoka)

音素材

・みじんこ素材:はじめてのオナホで作ったくちゅくちゅ音(サークルみじんこ様)

ご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました。
心より感謝いたしますと共にお礼申し上げます。

————–
企画・制作
back fill

オフィシャルHP
https://torikoro365.wixsite.com/backfill

ci-en HP
https://ci-en.dlsite.com/creator/3008

ツイッター
back fill (@haruhiko3793)

作品一覧
(https://www.dlsite.com/maniax/circle/profile/=/maker_id/RG43138.html )

 


JKリフレ~義妹(いもうと)と一緒にお散歩コース~

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *