子作り温泉~精力増強の湯~


子作り温泉~精力増強の湯~

入ると精力が増強しやすくなる子作り温泉で種付子作り!

子作り温泉~精力増強の湯~

子作り温泉~精力増強の湯~

○ストーリー
子宝に恵まれるという言い伝えがある
温泉旅館を経営している若女将。

商売は繁盛しているが、
唯一の悩みは後継者不足。

旅館を受け継ぐための子孫を残すため、
毎日温泉に入りいつでも
子作りが出来る準備をしていた。

ある日、お客として訪れていた
あなたはゆずが誤って暖簾を出した
女湯に入ってしまい、
入浴していたゆずと鉢合わせることに。

我慢ができなくなったゆずは
そのまま子作りに励んでしまうのでした♪

○キャラクター
ゆず(25歳)
温泉旅館の若女将。
お仕事をバリバリこなし、
お客さんや従業員達から評判がいい。

しかし、恋人がおらず子供もほしいため、
もんもんと日々を過ごしている。

○音声内容

●(1).深夜の温泉

「ふう、やっぱりうちの」
「温泉は気持ちがいい……。」

「今日はお客様も多くて働きっぱなし」
「だったけどスーッと疲れが抜けていくよう。」

「これから先もお客様の予約でいっぱいだけど」
「毎日この温泉に浸かれば乗り切れそうね。」

「でも……うちの温泉の一番の売りの子宝に」
「恵まれるっていう効能はわたしには」
「あまり効いてないみたいね……。」

「そもそも本当にこのお湯に」
「妊娠しやすくなる効能なんてあるの?」

「まあ、そもそも相手がいないのが」
「最大の問題なんだけど……。」

再生時間:07:52

●(2).いつでも懐妊万全

「異性と入る温泉も格別ですよ、ね……?」
「ふふふ、わたし気づいてるんですから、」
「さっきからあなたがチラチラと」
「わたしの体を見ているのを。」

「この距離まで近づけばわかりますよ。」
「いいんですよ、謝らないでください。」

「男の人が女の体を」
「求めてしまうのは仕方のないこと。」

「それにこの温泉ですから、」
「そういう気持ちも」
「普段より高ぶりやすくなって」
「しまいますからね。」

「先ほどのお詫びもありますから、」
「わたしなんかの体でよければご覧ください。」

再生時間:27:44

●(3).乱行の湯

「お口とおまんこであなたと」
「繋がってるの。」

「体がぐちゃぐちゃになって」
「あなたと混ざってるみたい……」

「ちゅじゅじゅっ、れろれろれろんっ、」
「ちゅじゅじゅじゅっ、れろちゅぶっ……。」

「乱れすぎてお隣の」
「レズカップルに見られてますね……」

「あああっ、あああんっ……」
「もっと見ていいですよ、」

「これからわたしが種付けされるとこ」
「じっくりご覧ください……。」

再生時間:36:36

●(4).朝まで子作り

「あなたとのセックスすごすぎる、」
「おちんちんとおまんこの」
「相性がよすぎて……」

「あああっ、あああんっ、」
「んはああっ、んふうううっ……」

「もうあなたなしでは、ダメかも……」
「あああっ、ああんっ、んはああっ、」
「あああっ……」

「あなたをいっぱいわたしに」
「刻み込んで……あああっ、」
「ああんっ、あはああっ、」
「あああんっ……」

「すごいのくる、」
「すごいのきちゃうよぉ……」
「あああっ、あああんっ、」
「あああっ、あああんっ……」
「イくううううううぅぅぅ……!」

再生時間:20:10

●(5).常連客へ

「絶対にまた来てくださいね。」
「あなたのことは絶対に」
「忘れませんから……ちゅっ……。」

「ふふ、ではまたのご来館を」
「お待ちしていますね。」

再生時間:1:14

総再生時間:1:33:29

————————————————————–

【シナリオ】
里見リトウ様

【声優】
琴音有波様(紅月ことね)

【イラスト】
海春様

————————————————————–

 


子作り温泉~精力増強の湯~

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *