【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 初冬の囲炉裏【バイノーラル・癒やし】

【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 初冬の囲炉裏【バイノーラル・癒やし】 木枯らし吹く初冬。囲炉裏を囲み、ゆっくりと流れる時間の中での耳かき。癒やされてみませんか? cv.奏雨 ■プロローグ 季節は初冬。 男は宿の予約をしていた。 その宿は人里離れた田舎町……秘境と言っていいほどの山間にあった。 木枯らしが吹き、閑散とした村には寂しく小川の流れる音だけが聞こえる。 男は一人、その中を宿を目指し歩いた。 宿に着いたが出迎えには誰も来なかった。 だが、これまでも数度利用しているだけあって、いつもの部屋へ行き荷物を置き寛いだ。 すると、しばらくして庭から竹箒を片手に見知らぬ女性がこちらをジっと見ているのに気付いた。 【竜胆】 「お……もしや、ご予約の方ですか?」 男は黙って頷く。 【竜胆】 「となれば……ふんふん、ああ……そういうことですか。なるほど、合点がいきました。」 従業員と思わしき女性は、男の隣に何食わぬ顔で座り話しを続けた。 ■作品構成[収録内容] 全篇:64分 ・夕の部 1:お掃除の最中(3:17)……バス亭まであなたを迎えにきた菖蒲。共に宿まで雑談しつつ歩を進めますが、途中で雨が降ってきます。 2:初冬の所感(4:34)……バス亭に戻り雨宿りをするあなたと菖蒲。雨は激しく止む気配はありません。あなたが濡れて風邪を引かないよう、菖蒲はあなたに近づきます。 3:右耳かき(8:25)……左の耳を舐めつつ、肌を寄せ合う菖蒲とあなた。寒さを凌ぐため、温かさを伝える為に菖蒲はあの手この手を尽くします。 4:左耳かき(9:58)……右の耳を舐めつつ、同様に。宿と違い外ですが、この雨。あなたは菖蒲にされるがままになります。 5:また後で(1:10)……雨が小雨になり、今しかないと宿へ向うあなたと菖蒲。このことは、二人だけの秘密になるそうです。 ・夜の部 1:離れへ(1:59)……宿に戻り、夜になっても雨は止みません。菖蒲はあなたの部屋を訪れ、晴れを願うためにてるてる坊主を作ろうと提案します。 2:初冬の囲炉裏(3:44)……てるてる坊主の由来などを語る菖蒲。明日の晴れを願って、てるてる坊主をあなたと一緒に作ります。 3:右耳舐め(13:46)……右の耳かき。願いとてるてる坊主。菖蒲は鼻唄で童謡『てるてる坊主』を歌いつつ、あなたに思い出を語ります。 4:左耳舐めとお世話(13:37)……左の耳かき。雨の日の思い出を語る菖蒲。その話は、どことなく懐かしい匂いがあり、あなたを憧憬へと誘います。 5:おやすみなさい(3:30)……膝枕をされたまま、あなたは寝ることになりました。菖蒲の優しい鼻唄の中、意識はゆっくりと落ちていきます。おやすみなさい、旦那様。 ■作品ポイント ・たっぷりゆっくり……会話はゆっくりと、そして耳舐めは激しくないたっぷり時間をかけたゆったりとしたものです。一定の間隔、睡眠するには最適……かもしれません。 ・囲炉裏の自然音……囲炉裏の火の自然な音、それを背景にゆったりとした耳舐め。あなただけの空間の中、素敵なお世話をされちゃいます。 ・全てバイノーラル……全篇を通じてバイノーラルで収録しております。目を瞑り、布団に横になり、音に集中して頂き、この世界に是非没入してください。 ■出演 竜胆:奏雨様 ■同人音声サークル「うたかた」Twitter https://twitter.com/utakata2017 ■制作 サークル:うたかた シナリオ,編集:尼子直次 イラスト:池谷神楽   【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 初冬の囲炉裏【バイノーラル・癒やし】 【耳かき・耳舐め】うたかたの宿 初冬の囲炉裏【バイノーラル・癒やし】]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *