清純派ビッチお嬢様の童貞狩り遊び

清純派ビッチお嬢様の童貞狩り遊び 表の顔は才色兼備の美人女子大生、裏の顔は童貞を好んで食べる小悪魔系女子、伊織に犯されてしまうドM系ボイスドラマ。 清純派ビッチお嬢様の童貞狩り遊び 〇●ストーリー●〇 sns友達掲示板を見ていたあなた。ふと見慣れない書き込みがある事に気が付きます。 「あなたの童貞買います。現役JDです。興味がある人は○○まで連絡してね」 冷やかしだと思いながらも、お金に困っていたあなたは興味本位で連絡を取ってみると、 相手のぐいぐいとした質問責めにあいます。性欲大せいであるか。一日何回オナニーするか。 そして童貞であるか。 童貞であることを隠しつつ質問に答えるも、何故か相手は察するように全てを見通したような文面を送り、 数日後に会う約束を取り付けてきました。 あれよあれよと流され会うことになったあなた。軽い気持ちで了承するも、何度も射精させられ、 童貞を失う事になるとは知る由もありませんでした…。   〇●キャラクター●〇 伊織(いおり) 20歳 現役のお嬢様学校に通う女子大生であり、才色兼備な優等生。 しかし、裏の顔は清楚な見た目に反してエッチが大好きで、特に年下男子を好んで食べる。 女慣れしていない男の反応を楽しみながら、童貞を奪うという小悪魔的な趣味をもっている。   〇●音声内容●〇 (1)お嬢様伊織との出会い 「あのぅ、私は伊織と申しますが……ああ、やっぱりメールでやり取りをしてくださったのは、あなたでしたか。」 「……えっ? どうして分かったのかって?」 「それはもちろん、あなたが私の予想していた通りの素敵な男性だったからです♪」 「うふふっ、お顔が真っ赤ですよ? 可愛らしい人ですね。」 「さて、こんな所で長話もなんですから、早速目的地へ向かいましょうか。」   (2)オナ指示 「あなたの大好きな大きな胸にぃ……、それにほぉら、これがオマ○コというものなんですよ?」 「黒い茂みの奥に隠れた秘所、実物を見るのははじめてでしょう?」 「――アラアラ、どんどんペニスがムキムキになっていきますねぇ。」 「あなたのガマン汁、まるで噴水の水のように出ていますね。」 「そろそろイキそうなんですか?」 「構いません。」 「そのままおイキなさい♪」   (3)ディープキス、ストッキングを履いたままの太ももコキ 「人生初の太ももコキはどうです?」 「――『最高だ』なんて、本当に可愛らしいほど素直ですね。」 「脚を動かすたびに、再びあなたのペニスは熱さと硬さを取り戻していきます。」 「あぁんっ、エラが張ってきて、脚に引っかかってしまいます。」 「ストッキング越しの太ももコキも、お気に召したようですね。」 「クセになりましたら、随分とマニアックな性癖になりますよ?」   (4)伊織いじり 「んんっ……、もうそろそろ私の身体も限界です。」 「あなたも女の身体を、隅々まで知りたいでしょう?」 「あぁんっ!」 「きゃああんっ!」 「二つの乳首を摘まみながら、グイグイと引っ張らないでください!」 「そんなことをされると……はあぁんっ!」 「おっぱいが、たまらなく熱くなってしまいます!」   (5)童貞を奪われ…… 「フル勃起したペニスの根元を、しっかりと片手で握りなさい。」 「そうしましたらぁ、……はい、この愛蜜を滴らせる肉孔に、亀頭の先っぽを当てるんです。」 「愛液と先走りの液が合わさって、ぷちゅぅっと音が鳴りましたね。」 「ではそのまま、腰を前に進めてください。」 「……んっああああっ!」 「そうっ、そうです!」 「はあああっ、うっう~ん……!」 「きっ亀頭が、膣の中に……ああう……、かっ完全に入りました、ね……。」 「そしたらゆっくり……ああっ、ゆっくりと奥へ進んでくださいっ!」 「あなたのオチ○チンはそのぉ……とても立派なモノなので、女壺に馴染ませながら入れないと……。」 「はああんっ!?」 「ヌチャヌチャと音を立てながら入ってきたカリ首が今っ、Gスポットを擦りました!」 「くぅうーーんっ、ああっーー!」 (6)童貞買い取り完了♪ 「――うふふっ♪」 「これからよろしくお願いしますね。」   合計 1時間33分45秒   ———————————————— 【声優】 紅月ことね様 【イラスト】 藤宮やひろ様


  清純派ビッチお嬢様の童貞狩り遊び 清純派ビッチお嬢様の童貞狩り遊び]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *