焚火音と湖の精霊による濃厚なセックス【バイノーラル&ハイレゾ】

焚火音と湖の精霊による濃厚なセックス【バイノーラル&ハイレゾ】 静かな湖畔で心地よく聞こえる焚火の音… そこに神秘的な美少女が現れあなたを癒しと快楽の世界へ! 行為はエスカレートしていき… 静かな湖畔で心地よく聞こえる焚火の音…そこに神秘的な美少女が現れあなたを癒しと快楽の世界へ! 行為はエスカレートしていき…。 完全に日常から切り離されたかのような、幻想的な雰囲気。 彼女はあなたの脳みそから下半身までの全てを、とろけるような感覚に包み込んできます。 疲れ切ったあなたの前に、突如現れた湖の精霊「エレイン」。 穏やかな優しい声と口調。 そのたび微かに漏れる、甘ったるい吐息。 やがて、性に興味津々な彼女は、あなたの身体を求めてきて……? 「わたし……人間の男の人と交わってみたいんです」 恥じらいながらも大胆に、唇を求めてきたかと思うと…… あなたのそそり立ったペニスを、その口いっぱいに頬張り…… 「ぴちゃぴちゃ、れろれろ」と卑猥な舌使いで責めてきます。 そして、行為はどんどんエスカレートし、ついに…… 「私……あなたの、子種が……ほしいです……」 溢れんばかりに濡れたピンク色の肉壺を見せ、恍惚の表情で挿入を懇願してきて……   ◆焚火の音のもたらす、「f分の1揺らぎ」の癒し効果とは 焚火を楽しむとき、本来ならキャンプ等で、仲間たちとワイワイ語らいながら囲むのが一般的です。 ですが、本作品では、ひとりでゆっくりと焚火の音を堪能して頂くことで、普段とはまた格別の癒しをもたらします。 ゆらゆら燃え上がる炎。 時折、薪が弾けるときの「パチパチ」という、なんともいえない音…… 焚火の発する音のリズムは、人の耳に心地よいリズム、周波数を持っています。 「f分の1揺らぎ」という独特の波長が、癒し効果を与えるのです。 また、文明の音――人工音を普段から聞いている現代人の耳は、疲れ切っています。 焚火の音色はそれらを忘れさせ、あなたを「素朴な非日常」へと連れて行ってくれるでしょう。 揺らめく焚火の心地よい音色と、美少女の、徐々に積極的になっていく悩ましい声色が、独特な興奮を呼び起こす、濃厚で甘美なセックスをご堪能ください。   ◆内容 □第一章 不思議な少女(11:55) 独りでキャンプに来ていた僕。 日頃のストレスや辛い思いも、大自然の中、こうして星空を見上げれば癒される。 ……そんなとき、一人の少女、エレインに出会った。 透き通るような白い肌、端正な顔立ち。 あどけなさを残しつつも、出るところは出た、均整の取れた身体。 自然に溶け込むかのような、どこか人間離れした美しさに、つい目を奪われてしまう。 ――そして彼女は、そんな僕を見透かすかのように……優しく語りかけてくるのだった。 □第二章 彼女の正体(6:39) 薄い生地のワンピースから覗く、柔らかそうな白い胸。 すらっと伸びた、艶めかしい脚。 エレインは無防備にも、その美しい身体を僕に寄せてくる。 吸い込まれてしまいそうな大きな瞳は、少し濡れているようにも見える。 否が応でも、何かを期待してしまう僕。 そんなとき、彼女は自身の正体を打ち明ける。 その意外な内容に戸惑っていると、エレインはさらに距離を縮めてきて…… □第三章 求め合うふたり(9:46) いつの間にか、僕にぴったりと密着しているエレインの身体。 柔らかい肌の感触、くすぐるような甘い匂い。 心臓の鼓動さえ聞こえてきそうなくらいの距離で…… 突然、僕の唇を、彼女は求めてくる。 そして僕の口に、いやらしく舌を入れ、吐息を漏らし…… 艶やかに微笑んだ。 ――彼女は明らかにその肢体を、持て余してるようだった。 最初はゆっくりと、徐々に激しく、互いの身体を触り合う僕たち。 やがて彼女は徐々に、その淫らな本性を晒し始めて…… □第四章 淫らな精霊(24:56) 意識の遠くの方で、燃え上がる焚火の音。 ふたりの理性のタガは、とっくに外れていた。 あまりにも快感に正直で、そして貪欲なエレイン。 僕の愛撫に、甘ったるい声で喘ぎ、紅潮した身体をくねらせたかと思えば、 今度は僕の固くなった肉棒を見るや否や、いやらしい笑顔を浮かべ、小さな口いっぱいにそれを頬張る。 やがて、彼女は溢れんばかりに濡れた、自身の肉壺を僕に見せつけ、 「入れてほしい」と懇願してくるのだった…… □第5章 湖畔でのセックス(7:21) エレインの要求に躊躇う理由もなく、肉棒を深く、深く突き刺すと。 卑猥な音を立てて、濡れた膣は、それを根元まで飲み込む。 身体を仰け反らせ、恍惚の表情で、その感触を堪能するエレイン。 満天の星空の下…… 気が付けば僕は、さっき出会ったばかりの少女とのセックスに夢中になっていた。 僕が腰を必死で打ちつけるたびに、彼女は快感に顔を歪め、卑猥な喘ぎ声を上げる。 あまりにも素直で淫らで反応に、自然と腰を振るペースは速まり、そして…… 合計(60:36) □ボーナストラック 焚火音 焚火音のみ収録。   ◆バイノーラル録音 ダミーヘッドマイクを使ったバイノーラル録音で収録しています。 目をつぶればすぐ隣に彼女がいるかのような臨場感! ぜひ静かな場所でヘッドフォンをしてお楽しみください。 ◆ ハイレゾ音源 用途に合わせて使えるハイレゾWAV版、通常WAV版、軽量MP3版の3ファイルを同梱。 声優さんの吐息まで聞き取れる高音質をご堪能ください…! ◆キャスト CV:小石川うに シナリオ:よしなに 監修:空心菜   焚火音と湖の精霊による濃厚なセックス【バイノーラル&ハイレゾ】 焚火音と湖の精霊による濃厚なセックス【バイノーラル&ハイレゾ】]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *