家畜化催眠 「君は搾精用マゾ犬♪」

家畜化催眠 「君は搾精用マゾ犬♪」 目を覚ました貴方を迎えたのは凄腕の女調教師(CV大山チロル)だった。 彼女は趣味と実益を兼ねて、男を搾精用の家畜に改造する仕事をしているということ。 優しい笑顔と甘い囁きが、貴方の全てを容赦なく剥奪する。 【調教師様について】 20代後半から30代なかばに見える気品のある美女。 風格があり沈着な態度から、不自由なく生まれ育ったと推測出来る。 爪を綺麗に磨いた長い指が特徴。 物腰が常に柔らかく微笑みを絶やさない。 だが、それは慈悲の心からのものではなく自身の調教能力への信仰によるもの。   調教師様の見立てによると、貴方は今までの家畜の中で最も知能が低く動きが鈍いとこと。 それが貴方が調教師様に気に入られた理由である。   【舞台】 家畜調教部屋   【作品時間】   1時間32分 ※今回、おまけアニメの総時間は12分27秒です   【キャスト】 主演 大山チロル 絵師 玉倉かほ 原作 百舌鳥 制作 ボトムズ   家畜化催眠 「君は搾精用マゾ犬♪」 家畜化催眠 「君は搾精用マゾ犬♪」]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *