ほんわか女子の強制しごき~がまんできたら、つき合ってあげる~

ほんわか女子の強制しごき~がまんできたら、つき合ってあげる~ 「おちん○ん出すくらい、簡単でしょ?」 「おちん○ん出すくらい、簡単でしょ?」   どこか抜けていて、おっとりした女の子。 俺のイメージはそんな感じだった。 ・・・勝手な妄想なんかじゃない。 普段、友達同士で話してるときもそうだったし、 クラスメイトだって、そう思っていたはずだ。 彼女に一目ぼれして、雰囲気に惹かれて・・・。 俺は告白する決心をした。 今思えば、彼女のほんわかした感じが、それを後押ししたのかもしれない。 そう、ほんわか。ほんわか・・ほんわk・・・・ 「――――早く出して。言うこと聞いてくれないと、付き合ってあげないよ? ほら、君のおちん○ん、私に見せて?」   ・・・俺は夢を見ているのか?・・・   CV:うにさざえ イラスト:倉田理音   ほんわか女子の強制しごき~がまんできたら、つき合ってあげる~ ほんわか女子の強制しごき~がまんできたら、つき合ってあげる~]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *