夢の終わりに

夢の終わりに ◆導入 ここはイメージの世界です。 ここで創造した物が、 物語世界で実現される様になっています。 あなたがここにいるのは、星野美亜という、 少女になるためです。 制服を着て、渋谷の繁華街を歩く少女をイメージしてください。 繁華街を制服姿であるく少女。 見知らぬ男性と、ホテルに入っていく星野美亜。 それでは、あなたの、星野美亜の物語が始まります。 ◆物語 授業を終え渋谷に向かい映画館近くにあるカフェに入る。 鞄からスマホを取り出す。 アプリを起動すると、何件か伝言が届いています。 待ち合わせ場所にたっていたのは、スーツをきて眼鏡をしている若い男性です。 男性をハンドルネームで呼ぶ。 タカシさんですかと、スマホを見ていた男性が反応します。 ユウちゃんだっけ? 男性が、確認してきます。 あなたは、笑顔でハイとこたえます。 あなたを上から下まで観察すると、満足そうな顔をして、 じゃあ、行こうかとあなたの背中を押します。 ・タカシの手の動きが止まる。 すぐに、タカシはベッドからおりるとあなたの足下に腰をおろす。 そして、ニーソックスをはいている、あなたの右足を持ち上げる。 スカートがめくれて、白いふとももが露わになる。 ニーソックスを脱がせると、あなたの足指の臭いをクンクンとかぎ始める。 気持ち悪いし汚いからやめてよと、あなたはお願いしますが、 タカシはにやにやとするだけで、やめようとはしません。 さらに、今度はその足指をなめはじめる。 こそばゆいので、あなたは足を引っ込めようとする。 しかし、タカシは手を離さず、美味しそうに足指を舐め続ける。 指一本、一本を口に含むみ、音をたてている。 ・下から肉棒で突き上げられ、 クチュクチュと音を立ててディープキスをする。 口に中で、舌がからみあったり歯茎を舐められたり、舌の先を甘噛みされたりする。 その度に、全身がゾクゾクとする。 大きな肉棒がオマ○コの中で動く。 自らグリグリと腰を振りタカシと抱き合う。 頭の中が真っ白になっていく。 キスが終わると、再びあなたの腰に手をおく。 そして思い切り舌から腰を打ち付ける。 オマ○コの奥深くまで一気に肉棒が突き刺さる。 今までで一番の衝撃を味わう。 脳が壊れるような快感が襲い、悲鳴に似た声をあげる。 全身がガクガクとする。 ・壁に大きな鏡があることに気がつく。 そこに、写っているただの一匹の雌。 金を貰い、自分を売る少女。 まさか、自分がこんなことをするなんて、 昔の自分には想像もできませんでした。 眼鏡をして、クラスの隅っこにいた自分。 そんな自分に今のあなたを見せたらどうおもうでしょう。 そして星野美亜は、夢をみる・・・・・・。   声:西浦のどか イラスト:ひなた水色 催眠風ボイスドラマ(催眠・TS・少女) 約100分 音声  ステレオ・MP3・320kpbs・44.100khz   夢の終わりに 夢の終わりに]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *