ゆりちゅ -せのとちよりの場合-

ゆりちゅ -せのとちよりの場合- ぺーるとーんれいんぼぅすたーボイスドラマ企画第20弾 『ゆりちゅ -せのとちよりの場合-』 ■あらすじ 中学からの同級生で、互いに愛し合う「瀬乃」と「千依」。 愛に満ちた日常を振り返るふたりと一緒に、その一端を楽しんでみませんか? 「好き」と「キス」でいっぱいの、甘くてかわいい百合百合作品です! ■登場人物 樋渡瀬乃(ヒワタシ セノ) おっとりふんわり系でいたずら好きな女の子。 のんびりした雰囲気でS気質だが、押されると弱い。 かわいいもの好きで、小さくてかわいい千依が好きすぎる。 片岡千依(カタオカ チヨリ) 少し不機嫌キャラでちょっとツンデレな女の子。 時々瀬乃のおもちゃみたいにされてるが、ちゃんと愛されてるから大丈夫。 瀬乃のことは大好きだけど、素直に好きってなかなか言えない。 ■トラック紹介 ・Track1:あいのきろく[07:58] 「千依ちゃんはねぇ、ちっちゃくてかわいくて、好きv」 「またそうやってちっちゃいとか言う……」 ちょっとした思いつきで、二人の思い出を動画に残そうとする瀬乃と千依。 互いの「好き」を伝えながら、ここ最近に重ねた愛を、一つ一つ回想します。 ・Track2:【ひとつめ】先々週の水曜日の放課後、教室で。[09:17] 「今気づいたんだけど、千依ちゃんって耳の穴もちっちゃいね。」 「なんでそんなとこ見てるの……変態。」 放課後、瀬乃の学級委員の仕事を終えたふたり。 少し冷える夕暮れの教室で、ぬくもりを分かち合います。 ・Track3:【ふたつめ】先週の土曜日、瀬乃の家で。[11:12] 「こんな風に指を二本唇にくっつけたら、キスをする夢見ちゃうかな?」 「ん……んむ……んぅ~…………んむ、ちゅ……ちゅぷ……」 勉強嫌いの瀬乃のために勉強会を開いた日。 休憩中に瀬乃のベッドで寝てしまった千依に、悪戯したり愛を注いだりする瀬乃のお話。 ・Track4:【みっつめ】一昨日のお昼休み、いつもの階段の踊場で。[10:40] 「もう、途中で飲んじゃダメでしょ~?」 「飲むっていうか、飲まされたみたいな感じなんだけど……」 いつものように、屋上手前の階段の踊場で昼食を摂るふたり。 体の小さな千依にご飯を分け与えたり、食後の飲み物を一緒に飲んだりします。 ・Track5:【よっつめ】さっき、保健室で。[09:19] 「千依……んぷ、ちゅ……好き、愛してる……れりゅ、るりゅる、んりゅ……」 「耳舐めながら……そんな声で呼び捨てで……好きって言われたら……体が……んっ」 熱があって体調が悪そうな千依を連れて保健室へ。 強がって無理をしている千依を宥めるため、少し強引に愛を重ねます。 ・Track6:あいのきおく[02:32] 「……じゃあ、今日泊まってってくれるんだったら続き、してあげる。」 「またその手を使う……瀬乃、ずるい……」 回想を終え、少し興奮してきた様子のふたり。 そしてまた、新たな愛を重ねます。 ※本作品は三人称視点型の百合系音声作品です。 総再生時間0:51:01] 形式 MP3 ——————————– CV:瀬乃・姫綺るいな 千依・涼貴涼 制作:ぺーるとーんれいんぼぅすたー ——————————–   ゆりちゅ -せのとちよりの場合- ゆりちゅ -せのとちよりの場合-]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *