気高い魔王の娘を、魔法の契約書で縛って淫語を言わせて弄ぶ!

気高い魔王の娘を、魔法の契約書で縛って淫語を言わせて弄ぶ! 気高い魔王の娘を、魔法の契約書で縛って淫語を言わせて弄ぶ! 誠樹ふぁんさんのロリ声の催眠音声です。 気の強い魔王の娘を凌辱しちゃいます。 「や、やめ、んっ………はなせ、ちゅ……きもち、わるいのじゃ、あむ、ちゅぅ………何故、わらわは、じぶんから、舌を、んっ…………からませたりなぞ、むっ……!? やめ、やめろぉ………ぢゅるるるるるる、ぢゅっ……!!! ……ぷぁ、はぁ、はぁ……! ま、まず…… 貴様、貴様……! 許さんぞ、何があっても殺してやる!魔王の名にかけて、貴様だけは許さん! ………何を笑っておる? な、魔王の娘を手込めにしたからには、自分は勇者のようだと………? 貴様を勇者様と呼んで、服従を誓え………? ふん、ふざけるな。貴様、まさか、命令ができるからといって、そんな事を言わせるつもりではあるまいな! 可愛く言えじゃと、あ、よ、よせ、やめろ、命令は――あ」 「素直に思っていることをいえじゃと? では言わせてもらおうか 当たり前じゃろうが!妾はな、お主の事をゴミにも劣る下等生物だと思っとる! いいや、きちんと思考しているのかさえ怪しいな! 頭のおかしい事ばかりさせるわ、言わせるわ、きっと人間の世界でも頭がおかしいと思われて、疎遠されておるに違いない……! そうであろう? 豚にも劣る顔の造形をしおって、貴様の顔を見るたびに、妾は吐き気を催すわ。ぺっ。 お主なぞはな、妾が地面に吐きかけたツバをなめておればよい。それだけを生きがいにして生きる人生がお似合いじゃと言っておるんじゃ、この豚が!」 こっそりと城下町に入り込んだ魔王の娘を騙し、奴隷契約書にサインをさせ思う存分もてあそぶお話です。 奴隷契約書は魔術的な要素を持った契約書ですので、魔王の娘の体がもちろん、意識すらも意のままにすることが可能です。 自らのことを勇者様と呼ばせ、淫らな言葉使いを要求したり 体全体を使っての奉仕を命じたり 催眠状態ではない状態でフェラをさせたり 自分が気持ちよくなるために、魔王の娘の威厳と尊厳をもてあそびます。 中で出されたないために、ひたすらに頑張る魔王の娘の様子を、ニヤニヤと楽しめる作品となっております。 ☆ ここにこだわりました 凌辱嗜好をとにかく高め、身勝手な欲望を、まるで抵抗できない魔王の娘に受け止めさせ、 限りなく安全圏から、辱めを与えられます! プレイ内容としては、 体全体を使った奉仕、フェラ、出したものを口に含ませてから飲むことをおねだりさせる、本番、中出し 等があります! 催眠状態を解いたり戻したりして生の反応を楽しんだり 催眠を脅しの材料として使い、生の状態での奉仕をさせたりもあります。 詳しい内容は、体験版の方にまるまるの台本を添付してありますので、そちらをご確認ください また、プレイが始まるまでのシチュエーション部分も同伴されております 1. 導入 07:04 2、フェラ 40:49 3、本番 23:35 合計 およそ70分 ☆制作関係者 声優 まさきふぁん 様 イラスト 外道男爵 様 音声編集 のいじろう 氏 ロゴ作成 イクサ 氏 台本 腹痛   気高い魔王の娘を、魔法の契約書で縛って淫語を言わせて弄ぶ! 気高い魔王の娘を、魔法の契約書で縛って淫語を言わせて弄ぶ!]]>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *