「モンスター娘」タグアーカイブ

ツンツン姫騎士と甘々な魔王のあいだで


ツンツン姫騎士と甘々な魔王のあいだで

ウブでツンデレな姫騎士と大胆で甘々な女魔王の二人のヒロインに言い寄られてしまうおねしょた異世界ファンタジー。

ツンツン姫騎士と甘々な魔王のあいだで

○ストーリー
姫騎士と共に魔王討伐に向かう勇者。
しかしたどり着いた先で魔王に捉えられる二人。
淫乱魔王は姫騎士の目の前で勇者を犯し、さらに姫騎士もイカされる。

姫騎士と勇者のエッチな特訓で
リバンジマッチでは逆に魔王を犯す勇者であった。

しかし魔王の催淫魔法によって
姫騎士と魔王で勇者をスケベな技で取り合いうことに!?

○キャラクター
マリ
勇者と共に魔王討伐に向かう姫騎士。
戦場にいたせいかツンツンした性格だが、
勇者に好意を寄せていてときどき甘くなる。
胸は小さくスレンダーだがお尻はむっちり。
恋愛や性に関しては奥手。

シルヴィ
その地域を支配する女魔王。
若い男が好きでその土地の若い男たちを
拐かし逆ハーレムを築いていた。

性欲はつよく、おっとりした性格。
少しぽちゃっとした体型で巨乳。

○音声内容

●(1).第一章_女魔王にでイカされて

マリ
「この山の頂上にある女魔王シルヴィの城まであともう少しだな。」

再生時間:20:38

●(2).第二章_イカされる姫騎士

マリ
「もうこれ以上感じさせないでぇ……」
「ああんっ……いやあぁっ……」
「あふぅ……ああん……。」

シルヴィ
「さっきイったばかりだから」
「またすぐイっちゃいそうね。」
「れろれろれろ……ちゅぷっ……」
「ちゅぷちゅぷ……ちゅるちゅる……」

再生時間:12:56

●(3).第三章_エッチな特訓!

マリ
「それでな……お前はまだ女を知らないし」
「喜ばせたことがないだろ……?」

「だ、だからあたしがお前の筆下ろししてやる。」
「わたしを練習台にでも自由にしてくれてかまわない。」

「そうだな、シルヴィはお前に迫っていく」
「だろうから実戦を意識してあたしからするな……。」

再生時間:18:33

●(4).第四章_女魔王へリベンジ

シルヴィ
「はい、おっぱい好きに触っていいわよ……」
「って、ああっ……この子ったら急に乳首に」
「しゃぶりついてきたぁ……。」

「ああっ……あんっ……いやああ……」
「舌の使い方とってもエッチだわ。」

再生時間:11:35

●(5).第五章_姫騎士か女魔王か

シルヴィ
「そろそろどっちが気持ちよかったか決めて。」
「もちろん私の方よね?」

「わたしの体の方が魅力的だし」
「エッチの技術だって高いもの。」

マリ
「私を選んでくれるよな?」
「わたしの方が一緒にいた時間が長いんだし、」
「それにわたしの体でだってエッチな」
「ことはいっぱいできる。」

再生時間:08:11

●(6).第六章_姫騎士との……

マリ
「ありがとうな……ちゅっ……ちゅぷっ……」
「嬉しい、ねえ、わたしを抱いて。」

「さっきのじゃ全然満足できてないの、」
「もっとお前を感じたい、このままじゃ切ない……。」

「ちゅっ……ちゅぷっ……ちゅぷっちゅぷっ……」
「れーれろれろ……べろべろ……んーれろれろ……。」

再生時間:06:57

●(7).第七章_女魔王との……

シルヴィ
「このお尻にあなたの腰がガンガン打ち付けて……」
「あああぁぁぁ……一気におち○ぽ入ってきたっ……」

「あああぁぁぁ……あああぁぁぁん……」
「んんんんん……んあああぁぁぁ……」

「おち○ぽがおま○この中で暴れまわってるっ、」
「興奮してるのね、もっと激しくしても良いのよ、」

再生時間:05:30

総再生時間:01:24:23

——————————————

【シナリオ】
里見リトウ様

【声優】
シルヴィ:西浦のどか様
マリ:月乃ねここ様

【イラスト】
コシュマール様


 

ツンツン姫騎士と甘々な魔王のあいだで
ツンツン姫騎士と甘々な魔王のあいだで



アダルトエンジェル ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

ねぇねぇ、えっちなサキュバスは好きですか?


ねぇねぇ、えっちなサキュバスは好きですか?

双子のサキュバス・アイラとアイリが、経験の少ない貴方を優しく快楽へエスコートしてくれるバイノーラル作品。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★Introduction★

「くす……ね、そわそわ……興奮してるの?」

声をかけられ、ぼんやりとした意識から気がつくと、そこには2人の少女が寄り添っています。

一人暮らしで女っ気のない貴方ですが、なぜか彼女たちに心当たりがあり、名前もはっきりと覚えていることに気が付きました。

右には元気で人懐っこい妹のアイラ。

左にはおっとりしていて少し大人っぽい姉のアイリ。

(たしか……帰りに声をかけて……困ってそうだったから、えっと、それから……)

(あれ、思い出せない……)

記憶が瞬間移動したみたいにすっぽりと抜け落ちている状況ですが、思い出そうとすればするほどなぜか湧き上がるようにある言葉が頭に浮かんできます。

『ねえ……一緒にイイコト、しよ?』

声、匂い、仕草、いろんな事があどけなく、それでいて妖しい素振りは童貞の貴方を束縛するのには十分すぎる魅力でした。

「でもいいのかなぁ。このままだとお兄さん、アイリ達に食べられちゃいますよ?」

「ほらもっと想像してみて……自分が気持ちよくなれることろ」

いったいこの先にどのような快楽が待ち受けているのか、自分はこれからどうなってしまうのか。

喉が鳴り、そればかりを気にしてしまっている貴方は、もう彼女たちサキュバスの餌でしかないのです……。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★作品内容★

Truck1――25:34
『はぁい、準備の時間ですよぉ』

アイラ・アイリが優しく貴方にペッティングやフェラをしてくれます。
片方に耳攻めをされながら、もう片方にフェラをされるシチュエーションが楽しめます。

Truck2――25:20
『今度はこっちの番です』

されるがままだった貴方でしたが、今度はお返しに優しく愛撫してあげます。
主導権を握っていた彼女たちでしたが、貴方の予想以上なテクニックに徐々に溺れてしまうでしょう。

Truck3――18:10
『もう我慢出来ないッ!』

準備が出来上がり、いざ本番です。
貴方に心酔しきったアイラとアイリに愛情をありったけ注ぎ込みましょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

Scenario:orange @izudera0123

CharacterVoice:竹中望 @NozomiTakenaka

Illust:たのますずめ @tanoma_suzume

Sound:くろ(XiS)  @xis_wfs

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

ねぇねぇ、えっちなサキュバスは好きですか?
ねぇねぇ、えっちなサキュバスは好きですか?



アダルトエンジェル ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

【疑似バイノーラル】アルラウネの永久精液絞りとり器【耳舐め】


【疑似バイノーラル】アルラウネの永久精液絞りとり器【耳舐め】

淫乱なアルラウネに捕まってしまったショタ勇者。捕まったら最後、永遠に精液を絞り取られてしまうのでした…。

アルラウネの永久精液絞りとり器

〇キャラクター
アウネール 1万歳

アルラウネのモンスター娘。
少年が大好きで美しい少年が大好き
一度手に入れた子は寿命がくるまで見た目を永遠に保たせながら可愛がる
見初められた子はアウネールの愛の巣から二度と出られない

〇ストーリー
レベルの低い少年勇者が中ボスアウネールと序盤でエンカウントしてしまう。
立ち向かう少年勇者。だがしかし敵は強く、敗北。
アウネールに捕まり、子種を寄越せと言われる。
巣に持ち帰られてしまい、一日中蔦に虐められ、搾り取られる。
スキをつき逃げ出そうとするも捕まってしまい、アウネールの怒りを買った勇者は
罰として苗床にしてやろうと言われおしりの穴に蔦を挿れられ、睡淫剤を盛られてしまう。
完全にアウネールの玩具になってしまった勇者。
子供をふたりでいっぱい作りましょう?と言われ、前も後ろも犯されてしまう。

○音声内容

●(1).エンカウント

「あらぁ? こんなところで出会うなんて、奇遇ね?」
「はじめまして、かわいい勇者さん?」

再生時間:23:24

●(2).「敗北」

「残念ね、あなたはもう一生」
「ここから出られないの♪」

「あなたにとって、きっと素晴らしい我が家になるわ」
「いえ…私たち、家族の、ね……?」

再生時間:22:22

●(3).「捕獲」

「だめじゃない、ちゃんと起きてなきゃ…」
「まだまだたーくさん、」
「私の中に赤ちゃんの種注いでもらうんだから…♪」

「ふふ、「もう出ない」ですって?」
「何言ってるの、ちゃーんと出るわよ?」

「ほら…こうやって私の蔓でシコシコしてあげれば…」
「ふふ、立派に勃つじゃない♪」

「私があなたを虐めるあいだ中ずーっと、」
「あなたのおち○ちんをいじっていてあげる」
「さあ、お耳、舐めてあげるわね……?」

再生時間:17:24

●(4).「脱走」

「おち○ちん、だらしないわね?」
「みなさい、虐められて勃ってきてるんだから」

「悪いおち○ちんね?ここもお仕置きしなくっちゃ…」
「ほら、私の手でシコシコされて気持ちいい?」

「んっ…! ふふ、すごい声。」
「強く握られて痛かった?」

「あなたの大事な大事なおち○ちんは」
「今私の手の中にあるの、」
「下手なことはしないほうがいいかもね……?」

再生時間:19:43

●(5).「従順」

「ふふ、かわいいわ……とっても、かわいい…♪」
「あなたのそんなかわいい声聞いてると、」
「私の子宮がきゅんきゅんうずいちゃうわ」

「私、あなたのこととっても気に入っちゃったの……」
「だから、たくさん可愛がってあげる」

「ほら……お尻、いっぱいぐちゅぐちゅしてあげるね?」
「ああっ、あなたのなか気持ちいいっ」

再生時間:13:08

●(6).「???」

「あっ……はぁっ、んぅっ……あんっ…すごい、」
「まだお腹のナカ、どくどくって出てる…♪」

「私の精液、あなたの中にもいーっぱい出しちゃった…」
「かわいい、かわいい私だけのかわいい子……ふふ」

「ちゅうっ、ちゅむっ、ちゅうっ……」
「はぁっ、ぜーったい、逃してあげないんだから」

「私と赤ちゃん産んで、」
「あなたも立派なママになりましょうね……?」

「ふふ、大好きよ…私だけのかわいい勇者さん♪」

再生時間:10:58

総再生時間:01:47:05

————————————————————–

【シナリオ】
七瀬七様

【声優】
柚木桃香様

【イラスト】
lambda様


 

【疑似バイノーラル】アルラウネの永久精液絞りとり器【耳舐め】
【疑似バイノーラル】アルラウネの永久精液絞りとり器【耳舐め】



アダルトエンジェル ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

こっくりさんの言う通り


こっくりさんの言う通り

九尾の美女こっくりさんを呼び出し、連れ去られてしまうあなた。住処にお持ち帰りされ、子作りための交尾を何度もやられてしまうのでした。

こっくりさんの言うとおり

○ストーリー
里の子たちを拐かしては食べているという噂の邪神である「こっくりさん」。
そんなこっくりさんを倒す為の勇者として選出されたあなたは、
夜中、一人でこっくりさんを呼び出すという儀式をする。

「こっくりさん、こっくりさん、お出でください」
…その呼びかけに応える様に現れたのは、美しい白色の耳と九尾の尻尾を持った美女だった。

外見にそぐわない古めかしい喋り方をする女性は、自分こそが里の噂になっている
「こっくりさん」だと言う。自分を呼び出したのは里の子たちの方だと悪びれないこっくりさん
――クコは、当たり前の様にその手をあなたにも伸ばす。

獲って喰われるのだと思うあなたとは裏腹に、クコは優しくあなたに触れる……
その白い手は、次第にあなたの身体から悦楽を引き出す様になる。

里の噂からは想像もつかない、甘く優しい行為を身体に教え込まれ、
あなたは次第にクコの与える淫蕩な快楽におぼれてゆく。

あなたの身体に相性の良さを感じたクコは、自分を倒す為に呼び出したあなたを
逆に誘拐し、自分の社に連れかえる。

クコの寝床に連れ込まれてからは、延々と甘く蕩ける行為の繰り返し…
次第にあなたは壊れてゆき、クコ身体に溺れてゆくのであった。

○キャラクター
クコ 外見年齢20歳前後(本当の年齢は100歳↑)
山の中の社に祀られた狐神。いわゆる「こっくりさん」。
恋占いが出来るという噂を知った里の子たちの手によって度々儀式で呼び出され、
お灸を据える為に神隠しにしていた所、討伐の為に勇者(あなた)を送り込まれてしまった。

本来は母性が強く、気に入った相手には甘々な性格。
実年齢の為か「〜のじゃ」等の古めかしい喋り方をする。
白銀の耳、髪、九尾の尻尾を持つ他は普通の美女。

○音声内容

●(1).こっくりさんこっくりさん

まずは問おう。わらわを召喚したのはお前か…?
……そうか。恐る恐るだが今、はっきりと頷いたな。

再生時間:10:21

●(2).きつねのちから

今宵のお前は勇者じゃないぞ。わらわの可愛い愛玩人形じゃ……
ん、抱きしめると身体の熱が服越しにでも伝わってくるな。
熱く火照って、じんじんしている……愛いぞ、愛い

再生時間:19:54

●(3).みつげつ

は……ふふ、初めての交尾は気持ちいいか……?
そんなに惚けて、蕩けきった顔をして
よぉしよし、よくまぐわえました いいこいいこ……
わらわの母性がじんじんキててぇ……っ、気持ちいい

再生時間:27:33

●(4).いいこいいこ

愛おしく思う……妾にいっぱい、赤ちゃん扱いされて、
わらわの手で、赤ちゃんにさせたのじゃ。満足じゃよ?
だからもっともっと……わらわの前では可愛い可愛い
赤ちゃんになってほしいのじゃ……

再生時間:26:04

●(5).めざめてほしいの

んっ、は……あ、ふぅう そうそう……
おっぱいちゅっちゅ、上手になったのう?
いいこ、いいこ……あ、はっ……わらわも、
感じてしまうぅ……っんぁ、はっ……あふぅう……んっ!んはぁあ……
あっ……手の中でお前のおち○ぽもびくびくって……
反応してぇ……凄く大きくなってるぅ……

再生時間:23:41

●(6).おとなになるひ

お前もイッておくれ、一緒にバカになっちゃうくらいにイきたい……ッ
はっ……ぁ、あっ……イっ……く、あっ、んぁ、は……っ
あふぅう、ぅ、っくふ……っ、ん、んはぁあっ……
っくふ、ぅっ……イッ……イッちゃ……た わらわのおま○こ……
潮いっぱい吹いてイッてしまった……
はあっ……あ、お前も……イッたのだな、
また粗相をして布団を汚して

再生時間:17:11

●(7).きつねによめいり

明日も明後日も……毎日、いくらでも、抱いてやろう
永遠に可愛がり続けてやるから覚悟するといい。
そんな風に抱きついて……胸に顔を埋めて
聞かずとも心は決まっているようじゃな。
永遠に可愛がってやろう……。

再生時間:5:57

総再生時間:2:10:30

————————————————————–

【声優】
水谷六花様

【イラスト】
藤宮やひろ様


 

こっくりさんの言う通り
こっくりさんの言う通り



アダルトエンジェル ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

【バイノーラル】けもののむすめ〈完全版〉


【バイノーラル】けもののむすめ〈完全版〉

山猫が人間に変化した双子の娘がアナタに会いに来た。アナタに【成人の儀式】の手伝いをして欲しいというのだが……。

雨の降る、とある日……。

アナタの前に現れたのは……、
山猫が人間に変化した双子の姉妹だった。

双子の姉妹は、アナタに「成人の儀式」のお手伝いをして欲しいというのだ。

※注意
本作はバイノーラル収録で制作しております。
ヘッドホン、イヤホンでご視聴いただけますと、より臨場感を味わうことができます。

コミックマーケット93にて頒布した『そらみみ荘へようこそ! ピンクのエンゼル缶』に収録していた
バイノーラルボイスドラマ「けもののむすめ」に追加シナリオなどの要素を加えた<完全版>です!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<収録内容>
(1)獣のむすめさんたちがやってきた 7分3秒
雨の日……。外でなにやら女の子たちの声が聞こえてくる……。

(2)はじめまして!双子の子猫です! 18分29秒
「すもも」と「あんず」山猫の娘が変化した姿だった。
ふたりは、アナタに「成人の儀式」をお手伝いして欲しいとお願いしてくるのだった。

(3)子猫の好奇心 26分18秒
「すもも」と「あんず」は、あなたの側でじゃれあってくる。
アナタの股間にある大きく硬くなった『しっぽ』に興味をもつのだった。

(4)あんずの添い寝 3分43秒
「あんず」がアナタの隣で添い寝をしてくれる?

(5)すももの膝枕と耳かき 5分5秒
「すもも」がアナタの耳を癒やしてくれる?

(6)成人の儀式 27分13秒
遂に、「成人の儀式」の準備が始まる。
ふたりの身体を抱き、濃厚に腰を打ち、ふたりは大人へとなっていく……。

(7)特典:子猫のもみもみ 18分10秒
「すもも」と「あんず」が、アナタを癒やしてくれる?

(8)フリートーク 7分39秒
「すもも」役の 小矢野空 と「あんず」役の 猫乃緒みみ のふたりの収録後の感想。

(トータル収録:約1時間54分)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
<キャスト>
すもも……小矢野空
あんず……猫乃緒みみ

<スタッフ>
シナリオ:猫乃緒みみ
イラスト:リリスラウダ

制作・まっしゅる~む

 

【バイノーラル】けもののむすめ〈完全版〉
【バイノーラル】けもののむすめ〈完全版〉



アダルトエンジェル ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly