【ハイレゾ/バイノーラル】『僕は先輩たちの催眠おもちゃ―栞先輩編―』


【ハイレゾ/バイノーラル】『僕は先輩たちの催眠おもちゃ―栞先輩編―』

“僕”は先輩の部室に招き入れられた。彼女との『エッチなアナログゲーム』が、いま始まる――。

【ハイレゾ/バイノーラル】『僕は先輩たちの催眠おもちゃ―栞先輩編―』
■イントロダクション
・すたじおちゃれん新規ボイスドラマレーベル第4弾!
・バイノーラル録音による超絶リアル音声! 吐息から水音まで、徹底的にゾクゾクさせちゃいます!
・ロスレスハイレゾ音源(FLAC形式 192kHz/24bit)と、圧縮ハイレゾ音源(MP3形式 48kHz/CBR 320kbps)を同時収録!
・催眠に造詣の深い、熟練シナリオライターによる正統派シナリオ! 過激で突き抜けるエロさに何度も昇天すること請け合い!
・初回用バージョンに加えて、2回目以降用に過激シーン満載のエロッエロな追加章もご用意しました!(チャプター構成参照)

■ストーリー
「あら、いらっしゃい。深層遊戯研究会へようこそ。もしかして見学希望者、なのかしら?」
憧れの先輩に誘われて、“僕”は彼女の部室に招き入れられた。
「アナログゲームに興味があって、この部活の存在を知ったの?」
「それとも……私という女性、女の子に、興味があったのかしら?」
「くすくすっ、いいのよ、どちらでも。男の人に、えっちな目で見られるの、それなりに慣れているから」
先輩のその、女神のような笑みが、僕を最高に惑わせる。
「そんなあなたに、この深層遊戯研究会が、ちょっとしたゲームを提案しようと思うのだけれど、いいかしら?」

「そう、楽にして……とは言っても、やっぱり少し緊張しているかしら」
気がつくと“僕”は、椅子に座っていた。
「深呼吸……緊張している筋肉を、そして頭をほぐすように。一気にリラックスしてみるの」
「私の声が自然に、すぅっとあなたの耳に入っていくわよ」
だんだんと先輩の声が、頭の中で反響していく。
「あなたはただ、耳を傾けていればいいだけ」
先輩との『エッチなアナログゲーム』が、いま始まる――。

■登場ヒロイン
二宮 栞 CV:まのめるか
“僕”の部活の先輩。ふんわりした物腰のやわらかなお姉さんタイプ。
喋りはややおっとりで、茶目っ気たっぷり。毒っ気のない笑顔が特徴。
が、誰もがその笑顔に逆らえない。天然のS。
出るとこ出てるマシュマロボディ。抱き心地最高。

■チャプター構成
Chapter 00 : タイトル(00:31)
Chapter 01 : 導入 ~ えっちなゲームの説明会(15:37)
Chapter 02 : 深化 ~ えっちなゲームの下準備(感度倍増)(16:51)
Chapter 03 : エロパート1 ~ ゲーム開始……イったら負けよ?(相互オナニー)(1:01:29)
Chapter 04 : エロパート2(HARDモード) ~ ゲームに負けたあなたを、何度でもイかせてあげる(連続絶頂)(16:20)
Chapter 05 : 解除 ~ 気持ちよかった、でしょう?(05:09)

・初回用のプレイリスト
00 → 01 → 02 → 03 → 05(総時間 1:39:37)

・2回目以降用のプレイリスト
00 → 01 → 02 → 03 → 04 → 05(総時間 1:55:57)

■クレジット
企画・編集:ざくそん
シナリオ:Hatsu
声優:まのめるか
イラスト:たけび
制作:すたじおちゃれん http://studiocharen.r.ribbon.to/

 

【ハイレゾ/バイノーラル】『僕は先輩たちの催眠おもちゃ―栞先輩編―』
【ハイレゾ/バイノーラル】『僕は先輩たちの催眠おもちゃ―栞先輩編―』



アダルトエンジェル follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)